ハッチバック市場を刺激する9年ぶりのフルモデルチェンジ、新型プジョー 308

SUVブームが長いこと続いているが、そろそろ走りのよいハッチバックやステーションワゴンが欲しくなってきた、という人もいるだろう。さらに、SUVよりもコストパフォーマンスに優れているのなら、検討の余地はでてきそうだ。そんな中、プジョーの新型Cセグメントコンパクトカー、新型プジョー 308および308 SWの受注が開始され、発表会が開催された。価格レンジは305万3000円(308 Allure)から530万6000円(308 SW GT HYBRID)だ。新しいラインナップは、ボディタイプは従来通りハッチバック(HB)、ステーションワゴン(SW)の2バリエーション、パワートレインは1.2Lガソリン、1.5Lクリーンディーゼル、そして1.6Lガソリンをベースとし、64km(WLTC、HB)のEV走行レンジを誇るPHEV(2WD)の3種類を設定している。組み合わされるギアボックスはすべて8速ATだ。グレード構成はエントリーながらバランスの良い装備のAllure、NEW 308の新技術をすべて注ぎ込んだ上級モデルのGTの2種類だ。

2013年にワールドプレミアされた先代プジョー308は、2014年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、コンパクトサルーンセグメントで大きな成功を収めている。308は世代を超えてグローバル市場で高評価を受ける、プジョーの中核を担うモデルであり、累計700万台以上を販売してきた。そしてこのたび、9年ぶりにフルモデルチェンジを行い、ブランドの新しい紋章を冠した、新型プジョー 308が国内導入された。

新型308は、プジョーの最新世代モデルとして、多くの革新的な機能が組み込まれている。新エンブレムを含むエクステリアデザイン、ハイクオリティかつ大幅に進化したPeugeot i-Cockpit、ADAS(先進運転支援システム)のアップデート、電動化を含め、ユーザーがライフスタイルや利用状況、環境意識など多様な価値観に合わせてパワートレインを選択できる“パワー・オブ・チョイス”コンセプトに基づき、ガソリン/ディーゼル/PHEVのラインナップを用意している。中でもプジョーの新しいインフォテイメントシステムPeugeot i-Connectは、ナビゲーション、ボイスコントロール、コネクティビティの包括的なパッケージにより、全く新たなユーザーエクスペリエンスを提供してくれる。プジョー初のインフォテイメントシステム、「i-Connect(Allure)&i-Connect Advanced(GT)」が搭載されている。 I-Connect Advancedは、高性能で効率的なコネクテッド機能により、プロ−ブ交通情報を活用した広域リアルタイムトラフィック情報が取得可能だ。また、ボイスコントロール機能を備えており、音声認識コマンド「OK、プジョー」で起動し、ナビゲーション、エアコン、シートヒーター、オーディオ、電話、天気予報検索などさまざまな機能を声で作動、変更、停止できる。日本語の認識精度は高く、AIにより柔軟に対応(「渋谷駅へ連れて行って」「運転席のエアコン20度に設定して」「週末の札幌の天気は?」等々)。またOTA(Over The Air )にも対応しており、ソフトウェアの改善やバグ対応などの通信を使って自動でアップデートが可能だ。「OK、プジョー」なら、音声認識に慣れていない人でも気負いなく使えそうだし、ドライバーと308を、ステアリングやアクセル以外でつないでくれる機能になるだろう。

上村 学プロダクトマネージャーにお話を伺った。
ー新型308のモデル別販売比率はどのくらいになりますか?
「一番人気のディーゼルモデルが60%くらい、ガソリンが20%、PHEV が20%ぐらいと見込んでいます。プジョーがクリーンディーゼルを出してから5年ほど経ちますがこのディーゼルはお客様からの評価がとても高いんです。さらに今回新型2形ディーゼルが熟成されて燃費も向上しておりますので、全体のシェアの50%は間違いないと思います。プジョーは大きな戦略としては電動化なのですが、今すぐに全て EV というわけにもいきません。その中で良質なディーゼルの技術を持っているのですから、そこは開発に力を入れていく必要があると考えました。その意味で新型308はパワートレインのバランスをとりながら販売していく車になっています。今回ラインナップに加わったPHEVも含め、電動化の準備もきっちりと並行してやっていきたいと思っています」
ー新型308はどのような人に向いていると思われますか?
「プジョーブランドはプレミアムではなくてハイエンドジェネラリストの購買層をターゲットとしています。現在スタイリングから SUV を選ぶお客様が多くなっているのですがどうしてもSUV は割高になってしまいがちです。室内の広さ、装備、ハンドリングなど走行性能の高さなどの面からも、実はハッチバックが最もバランスがいいんです。特に運転が好きな方には、ハッチバックをお勧めします。ハッチバックというセグメントを、この新型308でもう一度刺激したいですね」
https://www.peugeot.co.jp/range/new-peugeot-308.html

ピックアップ

アーカイブ