欧州ホンダが2023年に向けて新型小型SUV2車種のプランを発表、うち1台は100%EVに

ホンダは、来年、欧州で2つの新しいクロスオーバーを市場に投入すると発表した。1つは、オール電化のBセグメントSUV(上図)、もう1つは、大型でハイブリッドエンジンを搭載するCセグメントSUV(下図)と説明されている。

e:Ny1プロトタイプは、フルEVを予告しています。そのデザインには、現行HR-Vの面影が色濃く残っているね。特にあのリアドアと傾斜したルーフラインの組み合わせは。

実際の数値はまだ出ていないけれど、ホンダは「ホンダが誇るダイナミクス、テクノロジー、デザインのユニークな融合」を提供すると言っている。それはまた、それが「彼らの最初のEVを探している家族のための、素晴らしい選択肢になるだろう」と考えているが、どのような航続距離なのか、また、価格や性能の数字についてのキーワードはなにもない。

2つ目の来年の新型クロスオーバーは、今はスケッチしか存在しない。CR-Vとほぼ同じサイズになることはすでに分かっているのだが、そのクルマに取って代わるものではない。実際、プラグインハイブリッドのオプションを追加した新型CR-Vが来年も発売される予定だ。

しかし、図面がどうであれ、まだ名前の知られていない新しいSUVは、がっしりとしたアグレッシブなスタイリングと、おそらく全輪駆動を備えた、ライフスタイルに重点を置いたものになるはずだ。

さて、どうだろう?ホンダの未来に期待しちゃう?


=海外の反応=
「もっとクロスオーバーが欲しい」
「新型はスマートな印象」

ピックアップ

アーカイブ