ロシア人ドライバー、ニキータ マゼピンがハースF1チームから契約解除、ロシアGPも永久キャンセルに

ハースF1は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、所属するロシア人ドライバー、ニキータ マゼピンとの契約を解除した。

発表された声明の中で、2016年にF1に参入し、NASCARのチームオーナーであるジーン ハースが設立したアメリカに本拠を置くこの会社は次のように語っている。「ハースF1チームは、ウラルカリとのタイトルパートナーシップと、ニキータ マゼピンとのドライバー契約を直ちに終了させることを選択した」

「他のF1コミュニティと同様に、チームもウクライナへの侵攻にショックを受け、悲しんでいる。そして、紛争の迅速かつ平和的な終結を願っている」

ハースは2月25日にバルセロナで行われたF1テスト最終日を前に、すでにVF-22 F1マシンからウラルカリのブランドマークを外し、代わりに白一色のカラーリングを選択していた。

これに対し、マゼピンはツイッターで次のようにコメントしている。「F1との契約が打ち切られたと聞いて、とても残念に思っています。困難な状況は理解しているが、FIAの裁定と、継続のために提示された条件を受け入れるという私の意思は完全に無視され、この一方的な措置は何のプロセスも踏んでいません」

「F1での時間を大切にし、より良い時代にまた一緒になれることを心から願っています」

ハースがマゼピンをドライバーラインナップから外したのは、FIAがロシアとベラルーシ出身のドライバーは "FIAフラッグ"の下で中立の立場で参戦しなければならないと決定したことを受けてのことだ。モータースポーツUKはすぐにこれに続き、ロシアとベラルーシのドライバーのイギリスでの出走を禁止した。

その後、F1はロシアGPを永久にキャンセルした。2014年から毎年ソチでレースが開催され、2023年にはサンクトペテルブルクに移転する予定だったが、「現在の状況」を受け、F1は同地でイベントを開催することは「不可能」だと述べている。

Dr.転職なび

ピックアップ

アーカイブ