ルノー アルカナが5月から429万円で発売、F1で培ったノウハウが凝縮されたE-TECH ハイブリッドが魅力

東京オートサロンで、2022年に最も期待できそうなクルマベスト1に輝いた、ルノー・ジャポンのダイナミッククーペSUV、アルカナが、5/26から販売開始される。価格は429万円。

このダイナミックSUVクーペのアルカナは、ルノーがF1で培ってきたノウハウを凝縮したE-TECH HYBRIDが搭載されている。Eモーターと2基のHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)、1.6リッター4気筒自然吸気エンジンを、ドッグクラッチマルチモードATが繋ぎ、爽快なドライブフィールを生み出している。このハイブリッドシステムはルノーがF1で長年にわたり培ってきたノウハウを活かし低速域から高速域まで全域にわたり最も高い効率となるようモーターとエンジンを最適に組み合わせで制御を行うことで、ダイレクトかつスムーズなドライブフィールと低燃費を実現している。

カーボン調トリムとレッドラインが目を惹く教室でスポーティなインテリアも特徴だ。人間工学に基づき、ドライバーを中心に考えられた運転席のスマートコクピットとって様々な情報が一目で確認できる10.2インチのフルデジタルインストゥルメントパネルが装備される。6ウェイでのフロントシートと10シートヒーターと10ステアリングヒーターといった快適にドライブを楽しむための装備も充実。また、アダプティブクルーズコントロール、センタリングアシスト、360 度カメラ、イージーパーキングアシストなど多くの先進運転支援システムも搭載されている。なお、ボディカラーは4色から選ぶことが可能だ。

ルノー・ジャポンの代表取締役社長、大極司氏はアルカナについてこう語ってくれた。
「加速感がとても気持ちいいんです。アルカナは、ハイブリッドのクーペSUVですから、実用性に振っていると思われがちですが、実はルノーらしい走りの感覚を大切にしたクルマなのです。リアがクーペスタイルなところも、気に入っていただけるのではないでしょうか」大いに期待できそうだ。

https://www.renault.jp/car_lineup/newcoupesuv/index.html

さらに、東京、大阪、名古屋、福岡では4/23から先行展示・試乗会が行われる。

下記Webサイトで事前予約が必要となるので、近くの人は行ってみよう。申し込み期間は3/31まで。

https://www.renault.jp/special-contents/arkana_caravan/index.html

Googleしごと検索

ピックアップ

アーカイブ