【トップギア 日本語字幕】3億円で1,900psの鬼ハイパーEV、ピニンファリーナ バティスタを公道とサーキットでテスト

リマック ネヴェーラの兄弟車…そして史上最強のイタリアンスーパーカーをご紹介。ピニンファリーナ バティスタは、創業者バティスタ ファリーナにちなんで名付けられた、最高出力1,900ps、最大トルク2,300Nmのオール電動ハイパーGTだ。

もっと驚くような数字を知りたいって?0-100km/h加速2秒以下、0-200km/h加速12秒以下、最高速度350km/hを達成している。とてもスローなんて、口が裂けても言えないと思うだろう。トップギアのジャック リックスが、このクルマがいかに遅くないかを検証している。しかも、このクルマにぴったりなマイアミでね。

フルストーリーはトップギア・ジャパン 047でどうぞ。
【ミニメイドサービス】

=海外の反応=
「コメント1つもなし?なんて異教徒の集まりなんだ!デストロイヤーの登場だぞ! フォルツァ、ピニンファリーナ!」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/44988/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ