ヒョンデ アイオニック 5が新しい大型バッテリーを搭載して、航続距離はどのくらい伸びるか?

先日、日本でも正式にヒョンデ(実際、この呼び方まだなれないけど。「ヒュンダイ」のが自然に感じるなあ)が販売を開始したばかり。だが、実はこの超スタイリッシュなヒュンダイ アイオニック 5の登場から12カ月が経過している。そろそろ、電気自動車のクロスオーバーに魅力的なアップデートが施される時期が来たようだ。

ヘッドラインニュースは、新しい77.4kWhバッテリーが装着されたことであり、現在提供されている73kWhユニットよりもわずかな増加をマーク。航続距離はまだ確認されていないけれど、論理的に考えると、前回アイオニック 5がWLTPの試験を受けたときに達成した298マイル(480km)という数字よりも少し伸びると予想されている。なお、日本の公式サイトでは72.6kWhのバッテリーでWLTCで618kmと記録されている。

オプションのバッテリーコンディショニングも導入され、ルートプランナーに充電ステーションが入力されると、最適な充電のためにセルの温度を自動的に調整することができる。

一方、ヒョンデによると、新しいスマート周波数ダンパーがリアアクスルのレスポンスを向上させ、乗り心地、ボディコントロール、ハンドリングの改善につながるという。

カメラ付きバックミラーとウィングミラーは、韓国仕様車には最初から装備されていたが、欧州の顧客には間もなく提供される予定だ。空気抵抗が少なく、「悪天候でも後方の視界が広がる」という、いつもの謳い文句が適用される。

「アイオニック 5は発売以来12ヶ月間、販売とブランド構築の両面で大きな成功を収めてきました」と、Hyundai Motor Europeのマーケティング製品担当副社長であるアンドレアス-クリストフ ホフマンは述べ、次のように続けた。「この分野の競争は激化しており、自動車業界の技術リーダーとしての地位を守るため、より充実した機能を提供していきます」と述べている。

完全な価格と仕様は後日確定し、2023年モデルのアイオニック 5の英国での受注は晩春に開始される予定。ただし、需要は高く、早期購入者でも車を手に入れられるのは2022年の後半になるかもしれないので、注意が必要である。

需要に対応するために、この車にはより多くの生産量が割り当てられる可能性がある。詳しくは分かり次第お伝えしよう。そして、あなたはいつも代わりにプラットフォームを共有するキア EV6を検討することができる。

BEFORE.

=海外の反応=
「アップグレードか。異なるトリム、異なるオプションパックの外観は、時代遅れに聞こえるかもしれないけど、今日の継続的なEV成長市場において、これらの変更は大きな違いを生むかもしれない。中小型EVはオプションが少ないので」
「ダッシュボードがとても醜い。まるで後付けか、怪しげな流行をやみくもに追ったかのよう」
「小型化された新型ボディじゃないのが残念」
「もっと小さかったら、アイオニック 5をすぐにでも買ったのに」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/44846/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ