リシャール・ミル レーシングチームの新メンバーにセバスチャン オジェが選出

2020年に発足したリシャール・ミル レーシング・チームは、熾烈な耐久レースの世界で3シーズン目を迎える。FIA世界耐久選手権に参戦する2シーズン目は、野心、経験、才能を兼ね備えた男女混合ドライバーのラインアップで臨む。モータースポーツ界の新星リルー・ワドゥーに加え、LMP2チャンピオンでル・マン24時間レースの勝者でもあるシャルル・ミレッシ、そしてワールドラリーで8度の優勝経験を持つセバスチャン・オジェの3名で参戦する。セバスチャン オジェとは、楽しみだ。

リシャール・ミル レーシングチームは、創設以来、女性だけのトリオでヨーロッパ、そして世界を舞台に挑戦し、既成概念を打ち破ってきた。そして今、FIA WEC LMP2カテゴリーにおいて、男女混合のドライバーラインアップを選択することで、チームは新たな冒険の時代を迎えようとしている。

「私たちの最初の目的は、女性にチャンスがないことを注意喚起することでした。」とアマンダ・ミルは続ける。「私たちの意図を明らかにし、人々に考える機会を与え、挑戦するために、女性だけのチームでスタートすることが重要でした。私たちは、ELMS、そしてWECのLMP2プロトタイプで実力を証明した3人の女性と共に、素晴らしい2年間を過ごしてきました。しかし、女性ドライバーたちは皆、男女混合チームの中で自分の居場所を見つけることで、より包括的な関係を築きたいと言っています。同じチームで彼女たちと一緒にドライブしたいと思う男性たちがいるからこそ、彼女たちの夢が叶うのです」

チームは、ベイスク・フィッセール、ソフィア・フローシュ、タチアナ・カルデロンがそれぞれのキャリアを歩む中で、新たな挑戦をするためにドライバーのラインナップを一新する。

リルー・ワドゥーは、アルペンエルフヨーロッパカップで女性初の優勝を果たし、ワンメイクレースで名を馳せた。サルーンカーやGTを得意とする型破りなキャリアを経て、現在はプロトタイプカーを中心に活動している。「バーレーンのルーキーテストに続いて、このような機会を与えてくれたリシャール・ミルに感謝します。」と、20歳のフランス人女性レーサーは語っています。「大きなステップですが、ダウンフォース、燃料補給、ドライバー交代など、経験のなかった分野について短期間に多くのことを学びました。LMP2はこれまで経験したことのないものなので、肉体的にも精神的にも準備をしています。耐久レースにはチームスピリットがあるのでずっと興味がありましたが、このスポーツで傑出した2人とチームを組むことになり、私のラーニングカーブを加速させるのに役立つはずです」

リルー・ワドゥーのデビューを支えるのは、過去6年間にLMP2で2度の世界タイトルと3度のル・マン24時間レース優勝を果たしたフィリップ・シノー率いるシグナテック・チームの経験だ。

そして、2021年のFIA WEC初年度に、3勝を挙げたシャルル・ミレッシともパートナーを組む。「私たちの前には大きな挑戦が待っています。昨年同様、2人のルーキーとともに新しいチームに参加することになりました。LMP2カテゴリーはますますレベルが高くなっていますが、お互いに学び合い、良いパフォーマンスを発揮できると確信しています。リルーの場合は、どこに行っても適応するコツを教えてくれましたし、セバスチャンとはトヨタのバーレーン・ルーキー・テストで知り合ったので、一緒にチームを組めることを光栄に思っています。平均以上の技術的なフィードバックなしに、3つの異なるコンストラクターで8つの世界タイトルを獲得した人はいないでしょう。また、テクニカルスタッフも多くの経験を積んでおり、私たちを向上させてくれる繭の中にいるようなものです。非常に実りあるシーズンになることを期待しています!」と、20歳のフランス人レーサー、シャルル・ミレッシは語っている。

2016年からリシャール・ミル ファミリーの一員となったセバスチャン・オジェは、史上最高のラリードライバーとしての地位を確立した後、エンデュランスデビューの一歩を踏み出した。新たな挑戦を求めるこのフランス人は、学ぶべきことの多い別のモータースポーツに、謙虚な姿勢で参加する。

「大きな挑戦であることは分かっていますが、簡単な選択肢よりもモチベーションが上がるプログラムを探してきました。これまではラリーに専念してきましたが、耐久レースもいいチャレンジになるのではと、以前から考えていました。レーサーは誰でも少しわがままになりがちですが、幸運にも成功したキャリアがあれば、もっとこの経験をお共有したいと思うときが来るものです。LMP2は素晴らしいカテゴリーで、私が耐久レースの最高レベルに到達し、この分野で向上していくための最良の方法だと思います。私は確かに初心者ですが、何が可能かを見極め、どこまでベストに近づけるか、楽しみながらやっていきたいと思っています。みんなワクワクしていますよ。シャルル、リルーと私は3つの異なる世界から来ました。そして、数年前から私のそばにいてくれたリシャール・ミルと、私たちの異なる経験を組み合わせることは興味深いことです。この冒険は魅力的ですが、私には学ぶべきことが多く、多くの経験を積まなければならないことを自覚しています。ラリーでは常に適応能力が高かったので、耐久のレーストラックでもそうでありたいと思っています」セバスチャン・オジェはそう語ってくれた。

全6戦で構成されるFIA WECカレンダーでは、真っ赤なオレカ・ギブソンの1号車がセブリングで開幕し、スパ・フランコルシャン6時間、ル・マン24時間、モンツァ6時間とヨーロッパの代表的なサーキットで3つレースを予定している。その後、チームは日本へ向かい、バーレーン8時間レースでシーズンフィナーレを迎えるのだ。

ピックアップ

アーカイブ