グランドセイコーからクロノグラフとGMTの周年を記念する「シュカブラ」を再現した限定モデル発売

グランドセイコーのスポーツコレクションより、スプリングドライブムーブメントを搭載した、クロノグラフ15周年を記念する限定モデルを2月18日(金)より発売、価格は1,276,000円、全世界で700本の数量限定だ。続けて3月11日(金)より、GMT20周年を記念する限定モデルを発売、価格は847,000円、全世界で1,500本の数量限定だ。

グランドセイコーのブランドフィロソフィー「THE NATURE OF TIME」は、自然や季節の移ろいからインスピレーションを受ける感性と、それぞれの道を究めて時の本質に迫ろうとする匠の姿。その二つの日本の精神性を表現している。

2002年にグランドセイコー初のGMTが生まれ、2007年にはクロノグラフが誕生。今年は、2つの多機能ムーブメントが節目を迎える2022年。本作は、初心に立ち返り、新たな一歩を表明する、スプリングドライブムーブメントを搭載したGMTモデルとクロノグラフモデルだ。特別な純白ダイヤルが備えられた両モデルには、スプリングドライブモデルを生み出す「信州時の匠工房」にほど近い、北アルプスの自然が作り出す勇壮な芸術「シュカブラ」が表現されている。

シュカブラとは、深く積もった雪を風が削り取ることで生まれる模様のことを指し、特に春先のシュカブラは一層荒々しい様相を呈する。透き通った青空が雪原の芸術と響きあう景色は、自然のエネルギーと時の流れが生み出すダイナミズムを感じさせる。

クロノグラフモデルに搭載される「キャリバー9R96」は、「キャリバー9R86」を、より高精度に特別調整したムーブメントだ。「キャリバー9R86」が平均月差±15秒(日差±1秒相当)であるのに対し、「キャリバー9R96」は平均月差±10秒(日差±0.5秒相当)まで精度を追い込んでいる。

GMTモデルに搭載される「キャリバー9R16」は9RスプリングドライブGMTムーブメント「キャリバー9R66」を、より高精度に特別調整したムーブメントだ。「キャリバー9R66」が平均月差±15秒(日差±1秒相当)であるのに対し、「キャリバー9R16」は平均月差±10秒(日差±0.5秒相当)まで精度を追い込んでいる。どちらのムーブメントも特別調整精度の証として、回転錘に18Kイエローゴールド製の「獅子の紋章」があしらわれ、シースルー仕様の裏ぶたから見ることができる。

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgc247

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbge275

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/01/43806/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ