タフなG-SHOCKがタフなチームランドクルーザー・トヨタオートボデーとコラボ

1983年の発売以来、耐衝撃ウオッチとして世界にその名を広めているG-SHOCKと、世界一過酷なラリーといわれるダカールラリーに参戦し続けるトヨタ車体「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」とのコラボレーションモデル『GWG-2000TLC-1AJR』が1月上旬に発売される。価格は110,000円。

本モデルは、レース中の激しい走行で車体に飛び散った泥や砂をモチーフにした“スプラッターパターン”をバンド、ベゼル、美錠に描いている。さらに、チームカラーのブルー、ホワイト、レッドを差し色にし、バンドと裏蓋にチームロゴを施すなど、コラボレーションモデルならではのスペシャルな仕様になっている。

「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」とは、トヨタグループのミニバン・商用車・SUV領域の完成車両メーカーであるトヨタ車体の自社チームで、1995年からランドクルーザーで世界一過酷なラリーといわれるダカールラリーに連続参戦している。

ベースモデルには、瓦礫や土砂が山積・散乱するようなハードな環境での使用を想定したマッドマスターシリーズの「GWG-2000」を採用。新開発のフォージドカーボンベゼルと、カーボンコアガード構造のケースを採用することで小型化を実現。ステンレス製のボタンパイプとシリコーン製の緩衝素材を組み合わせた新開発のマッドレジストボタンにより薄型化をした。フォージドカーボンベゼルは、樹脂の中に細かく砕いたカーボン繊維を練り込み、金型で熱プレスし固めて成形している。より入り組んだ形状もカーボン化することが可能なため、複雑形状であるベゼルをカーボンで強化することができた。

電波受信機能による正確な時刻表示に加え、トリプルセンサーを搭載することで方位、気圧・高度、温度情報を素早く取得でき、過酷な状況下で戦うチームを手元からサポートしている。
https://gshock.casio.com/jp/

ピックアップ

アーカイブ