享年41歳の故ヴァージル アブロー氏に敬意を払ったオフロードクーペEV、プロジェクト マイバッハ

先月、ヴァージル アブロー氏が41歳という若さで亡くなり、ファッション業界に詳しい方なら誰もが悲しみに暮れたことだろう。メルセデスは、故デザイナーと共同開発した電動コンセプトカー「プロジェクト マイバッハ」を発表した。

AクラスやGLEをはじめとするメルセデスのラインナップの多くを手がけた自動車界の重鎮であるゴーデン ワグネルとの共同作業により、2人は「大自然に触発された」車を夢見て、高級ブランドを通常の都会的な環境から解放することを考えた。

全長約6メートルのプロジェクト マイバッハは、Sクラスのリムジンよりもはるかに大きいにもかかわらず、座席は2つしかなく、足元の広さでは世界記録を達成している。

メルセデスによれば、すべての要素がゼロから作られたというが、それを信じるのは難しいことではない。この「オフロードクーペ」は、夜間の視界を最大限に確保するための8つのスポットライト、トリッキーな地形で最大限のパフォーマンスを発揮するための太いタイヤ、そして、最大限のロールプロテクションを実現するためのエクステリアロールケージを備えている。正直なところ、この機能を試してみたいとは思わないだろうけど。

インテリアは、マイバッハのブランドにふさわしいものになっている。ただし、「緊急時のみ使用可」と書かれたフレームに埋め込まれた斧については、いくつか疑問が残る。

プロジェクト マイバッハは完全な電気自動車で、透明なボンネットの下に設置されたソーラーパネルでも走行距離を稼いでいる。

メルセデスは、このコンセプトが「生産要件に縛られない」ことを明確にしているが、仕様については明言していない。これは、「実際に製造する見込みはない」という意味の企業用語である。

このクルマは、アブロー氏の家族の意向により、12月初旬の2日間、フロリダのルーベル美術館にひっそりと展示されていた。

「メルセデス・ベンツは、デザイナーであるヴァージル アブロー氏の逝去を聞き、大変ショックを受けています」アブロー氏逝去が報じられた数日後に発表されたメルセデス・ベンツからのコメントだ。「私たちの心からの思いは、ヴァージルの家族とチームにあります。奔放な想像力でコラボレーションの無限の可能性を生み出し、彼の作品を知るすべての人にインスピレーションを与えた、真にユニークなデザインの才能の作品を謹んで称えたいと思います」

=海外の反応=
「これがいかに馬鹿げていて、不必要なものであるかっていう、このすべてが好きだ。これが万人受けするとは思えないけど、私の感覚には合っている。こういったことはまさに必要なことであり、過剰に演出することは信じられないほど簡単だっただろう」
↑「正面から見ると想像を絶するほど醜いが、作った彼らに祝福を」
「私は、このコンセプトカーのようなものが好きだ。これは、空想上の、「製品化されることはない」コンセプトカーとして期待されるもの。でも…現実なんだ。私なら色を黒か濃いミリタリーグリーンに変えると思うけれど、それでも素晴らしくクレイジーだ」
「まるで巨大な補聴器のよう」
↑「同意。くだらない」
「内装は気に入っているが、外見は95年頃に作ったレゴカーのよう」
「レトロモダンなGワゴンとCLクラスにマイバッハのインテリアを組み合わせたものみたいな?魅力的だね。世界で最も美しいものではないけど、何となく気に入ってる。これが黒で、マイバッハ特有の銀色のリムが付いていたら、もっといいと思うんだけど」
「ファイナルファンタジーXVに登場する車のオフロード仕様を思い出した」
「スーパーカーのキャビンをピックアップトラックに載せたようなもので、まったくもって奇妙だ」
「何て言っていいかわかんないや」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ