ジェンソン バトンがラドフォード ロータス タイプ 62-2の最終開発ドライブを遂行

アント アンステッド、マーク スタッブス、そして2009年のF1チャンピオン、ジェンソン バトンが今年初めに復活させた英国のコーチビルダー、ラドフォードは、限定生産のロータス タイプ 62-2の最終開発ドライブを完了した。

F1チャンプのバトンは、ノーフォーク州ヘテルにあるロータスのテストコースで、エキシージをベースにしたタイプ 62-2を(初めての試みではあったが)最終的にスピンさせた。上のギャラリーでは、エマーソン フィッティパルディがタイトルを獲得したロータス 72のF1マシンと並んでいる。確かに。

ラドフォード社は、バトン氏のお墨付きにより、2022年の第2四半期に最初の顧客が車を手にするときには、「最高に魅力的でありながら洗練された」ハンドリングが保証されると主張している。

ラドフォード社は、最高出力600bhpの3.5リッターV6エンジンを搭載した試作車が、6速マニュアルギアボックスを介して0-100km/hを2.9秒、0-200km/hを8.4秒で加速し、最高速度300km/hを記録したと推定している(電気的制限あり)。

伝説のロータスデザイナー、コーリン チャップマンに敬意を表して、ラドフォードの作品の最終開発段階は、クラシック・チーム・ロータスのMDである息子のクライブが監督を務めている。「今日、ヘセルのコースでラドフォードのロータス タイプ 62-2を見ることができたのは、本当に特別なことでした」と彼は語る。「オリジナルのタイプ 62の精神と遺産を、象徴的なJPSのカラーリングと組み合わせて、現代のスポーツカー愛好家のために蘇らせた方法は、賞賛に値するものです」

タイプ 62-2は、ピストン、コンロッド、カムシャフトのアップグレード、アジャスタブルコイルスプリングサスペンション、カーボンファイバー製のボディパネルとインテリアなどが採用されているそう。アルミニウム製のシャシーを採用し、乾燥重量は1トンを切っている。

ジョン プレイヤーの特別仕様車12台を含む62台のみが生産され、購入者にはバトンとのトラックデイも用意されている。実際のF1チャンピオンに運転を教わりたくないなんて人は、いないだろう。

「最終的にタイプ 62-2に初めて乗ることができたのは、非常に特別な瞬間でした。コックピットはすでにわが家のように感じられます!」とJBは語っている。「クルマのフィーリングは素晴らしく、高速・低速コーナーでのバランスも良く、一日中問題なく走れました。これは、これから数ヶ月にわたって行われるセットアップの調整に向けた完璧なベースとなります」

「このクルマが、ロータスのDNAに敬意を払いつつ、ラドフォードのような贅沢さも備えた、純粋なドライバーズカーであることを確認したいと思います」

以下、コメントをお願い。

=海外の反応=
「ポルシェ 918みたい…」
「かっこいい車。欲しいね。それだけしか言葉が出ない」
「2002年たばこ広告・宣伝法
2. たばこ広告の禁止
(1) 業務上、英国内でたばこ広告を発行した者、または発行させた者は、犯罪者となる。
(2) 事業の過程で、英国で出版されたタバコ広告を英国で印刷、考案、配布した者、またはそのようなタバコ広告を印刷、考案、配布させた者は、犯罪者となる」
↑「タバコ会社からお金をもらっていたり、将来のオーナーがタバコ会社からお金をもらうのでなければ、それは広告には該当しないと思うけど」
↑「私の理解では、これはニュース記事であり、どちらの車の広告でもないので、許可されているんじゃないの?なにより、色だけでなく、JPSのカラーリングを新しい車に引き継いでいるのも興味深い」
↑「私は弁護士じゃないけど、理解するところでは(EUを脱退した英国の法律が適用される)、TGはおそらく問題ないだろうが、ラドフォードは明らかに法律を破っている」
↑「事実上、JPSはタバコブランドとしては消滅しているので、購入できなくなった製品を宣伝しても起訴されることはないだろう」
↑「あなたの認識は、広告禁止がいかに効果的であったかを示していると思うよ。ブランドは確実に存続している。大手スーパーのウェブサイトをいくつかチェックしたけど、どちらもJPSのタバコを販売していた」
↑「確かに、訂正しよう。ラドフォードはタバコ事業を行っておらず、JPSに肖像権の対価を支払っているため、何が「広告」とみなされ、何が「広告」とみなされないかということになるのだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42424/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ