マセラティならではの咆哮を再現したレヴァンテ ハイブリッドが発売

マセラティブランド初のハイブリッドSUVとなるレヴァンテ ハイブリッドの日本での発売がスタートした。価格は1,134万円。

ブランドの価値観に忠実でありながらパフォーマンスを向上させ、燃焼効率を高めながらスピードと敏捷性も向上、そしてさらにマセラティならではのドライビングプレジャーとラグジュアリーを強化した結果、マセラティ特有の咆哮を再現したハイブリッドSUVとなっている。

4気筒2リッターエンジンと48Vのハイブリッドシステムを組み合わせ、減速および制動時にエネルギーを回収する。このハイブリッドカーは、従来の6気筒エンジン搭載車(ディーゼル車、ガソリン車)と比較して、車重が軽く、バッテリーをリアに配置したことで、車両の前後重量バランスを最適化している。レヴァンテ ハイブリッドは、よりスポーティで歓びにあふれたドライブを実現するために設計された。

エクステリアやインテリアのディテールには、ギブリ ハイブリッド同様に、このクルマをひと目で見分けられる、ハイブリッドモデルを象徴するブルーのアクセントを採用している。3連のサイドエアダクト、ブレーキキャリパー、Cピラーのロゴがブルーで表現され、インテリアでは、同じブルーの色調がシートの刺繍に選択可能だ。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42280/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ