ライバルはアストンマーティン?レクサス LCがアップデートに続き、ブラック インスピレーションを発売

レクサスは、アストンマーティンのライバルの細部をいじらずにはいられないようだ。まあ、ライバルっていっても「廉価版」っていう意味合いが含まれるけれど。なんでも「レクサスの匠の技」によって、「ドライビング・ダイナミクスを継続的に、かつ詳細に洗練させる」ことができるという。

前回、レクサスがLCとLC コンバーチブルを改良したのは、ほんの数ヶ月前のことだったが、その時も匠の技が注ぎ込まれていることを教えてもらっていた。サスペンションやパワーステアリングの調整により、全体的にシャープな走りを実現している。

イギリスで行われた今回のアップデートでは、フロントとリアのサスペンションを再チューニングし、「路面への接地感、リニアなステアリングレスポンス、ステアリングの効きをドライバーに感じていただけるようにしました」とのこと。路面との接触は、通常、500bhp前後のリア駆動車ではかなり最適な状態に仕上がっている。

「その結果、クーペはよりシャープなハンドリングを実現し、ドライバーとクルマの一体感を高めています」とのこと。この調子でいけば、来年の夏までにはGT500のようなレースカーになるかもしれない。期待したいね。

他の調整も同様に微妙な部分だ。ノーマルモードとスポーツモードを切り替えたときの車の挙動がより明確になり、ギアセレクターのP、R、N、Dの切り替えが曖昧にならずに済むようになった。また、「クッションとシートバックに新しい "ディープハング"構造を採用し、フロントシートの快適性を向上させた。思わず息をのんでしまいそう。

これらのアップデートは、同時に発売された「LC ブラック インスピレーション」にも反映されており、その色は、当然のごとく「黒」。価格は、LC クーペが99,550ポンド(1,500万円)(V6ハイブリッドまたは唸るようなV8仕様)から、コンバーチブルが102,725 ポンド(1,550万円)(V8仕様のみ)となっている。

=海外の反応=
「匠とは、日本語で「職人」を意味するんだ。Kaizenとは、日本の継続的な改善の哲学だよ」
「レクサスがGR86をベースにした小型版を作ったら、購入するなー」
「すべてをアップデートしたけれど、ひどいインフォテイメントはどうなったんだろう…?エクステリアは素晴らしいんだけど、多くの指示に必要なスクリーンが反応しないというのは、不愉快以外の何物でもない」
「でもさ、アストンマーチンとは違ってて、レクサスはアップデートのたびにLCを徐々に醜くしてはいない」
「おそらく、LFAを含めて、トヨタ製品の中で最も美しいもののひとつだろう。優れた品質と仕上げ、刺激的なデザイン(好き嫌いが分かれると思うけれど、BMWのような偏ったデザインじゃない)、そして全体的に非常にエレガントな車で、2021年の形であっても美しいサウンドトラックを奏でている。欲を言えば、もう少し安くなってくれればいいのだが(でも、トヨタにはその必要はないよね。私のようなマスタング GTの顧客を狙っているわけではないんだから)」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ