トップギアTV シリーズ31:L.ノリス、S.ベッテル、A.ジョビナッツィも登場のシリーズを最速プレビュー

トップギア TVは、英国で11月から新シリーズ31を放送する。パディ、フレディ、クリスの最新情報を日本ではどこよりも早く、詳しくご紹介しよう。

夜が深まり、木の煙の香りが風に乗って漂い、英国ではBSTとGMTっていうサマータイムの切り替えで時計がどちらになるかについて大議論を交わしてる、そんなところ。

パディ、フレディ、クリスの3人が、「車をテストする」という名目で、これまで以上に速く、遠くへ、そして、うーん、無鉄砲に、自動車関連の新企画を携えて戻ってきた。

この番組は、イギリスで、11月14日(日)午後8時からBBC Oneで放送される。ぜひご覧ください。または、iPlayerでも。あるいはその両方かもね。

やっぱりバンが好き

謙虚なキャラバン。疑いもなく実用的な休暇の選択肢であり、特にこの奇妙でソーシャルディスタンスな時代においては、キャラバンがちょっとしたイメージ問題に悩まされていることは否定できない。で、そのイメージ問題は、BBCの無責任なモーターショーによってさらに悪化しているかもしれない。

しかし、キャラバンのベージュ色のつまらないイメージは、誰のせいなのかということは気にしないでおこう。重要なのは、この昔は女の子だったという人を21世紀に引きずり込む時が来たということ。3人は、それぞれ新種のマイクロキャラバン(小さくて完璧な形をした旅行用ポッド)の中からお気に入りのものを選んで、新しい電気自動車のSUVにコネクトする。

理論的には、クリーンでグリーンなゼロエミッションの快適さで、国中のどこにでもある景色の良い場所に連れて行ってくれるはずの装備を身につけたこの革命家たちは、ノーサンバーランドの荒野で伝統的なキャンプをしながら、彼らの「未来のスポーツキャラバン」がキャラバンをすることができるかどうかを確かめようとした。この旅では、必然的に、巨大な球体で大きな坂道を下ったり、世界で一番辛い唐辛子を何個も食べたり、湿原をホットラップしてみたりした。言ってみれば、伝統的なキャンプの旅である。

一度でもサーキットに足を踏み入れたらもう元の世界には戻れない

トップギアのオフィスから絶え間なく聞こえてくる幸せなゴロゴロというノイズは、新しい911 GT3が出たことを示している。誰だ、仕事中にYouTubeばっか見てるヤツは!しかし、フロントにもリアにも、あるいはどこにもポルシェのバッジが付いていないトラックデイ(サーキット)スペシャルが欲しい場合はどうすればいいのだろうか?この質問に答えるため、チーム・トップギアはアルファ ジュリア GTAm、アストン ヴァンテージF1エディション、マクラーレン 765LTを携えて登場する。

さて、この3台のトラックデイスペシャルをテストするには、当然ながらトラックデイスペシャルしかない。トップギアのプロデューサーが選んだコースは「シルバーストーン」、そしてトップギアのプロデューサーが選んだ日は「イギリスGPの週末」。地球上で最も速いドライバーのトリオを相手に、チーム・トップギアはどのように戦うのか。ランド ノリス、セバスチャン ベッテル、アントニオ ジョビナッツィ。F1ドライバーはF1ドライバーであり、チーム・トップギアはランカシャーから来た2人の中年男性とブリストルから来た1人の中年男性なのだから、負けるに決まっている。しかし、どれほどの敗北を喫するのだろうか?

仲間がアイスランドに立ち寄ったワケ

世界がようやく、ゆっくりと集団軟禁状態から解放された今、トップギアの大規模な国際探検を行うべき時が来たようだ。そして、その場所は一つしかなかった。アイスランドである。アイスランドの並外れて荒々しい風景を見るためでもある。また、到着後1ヶ月間の隔離が必要ない唯一の場所だったからという理由もあった。そこで、目的地を決めたプレゼンターたちは、中古の全く似合わない英国車を選び、アイスランドの荒涼とした内陸部を征服するために出発したのだ。

エレガントなロールス・ロイス シルバーシャドウと、ボクスホール シェベット(じつはボクスホール シェベットの部品はあまり使われていない)が、火と氷の国にやってきて、アイスランドの伝統的なスポーツであるサンドドラッグレースに参加して、地元の文化に親しむ。そして、アイスランドの伝統的なスポーツは、「奇妙な発酵食品を食べる」ことでもある。「スティグと巨大なオフロードトラックを火山の縁まで走らせる」という、アイスランドの伝統的なスポーツもあるんだとか。

古いクルマに新米ドライバー

あなたは運転免許試験に合格した。おめでとうございます。さて、あなたは大金をはたいて、つまらないシティカーを購入し、保険に加入しなければならない。ボクスホール コルサ、ヒュンダイ i20、そんなところだ。価値があって、経済的だけど、つまらない。しかし、今回のプレゼンターは、新米ドライバー向けに、手頃な価格で保険に加入できるクルマで、新型のボクスホール コルサよりもエキサイティングな車を見つけられるだろうか?

なぜなら、古いラーダ ニーヴァ、古いVW ビートル、古いMGB GTは、ニューモデルのボクスホール コルサよりも面白い(そして、ちょっと意外なことに、同じように保険に加入できる)ことは間違いないからだ。しかし、大きな疑問は、これらの興味深い旧型車が、「運転免許試験に合格したばかりのあなた」が、コーンウォールの海岸へのドライブ旅行に耐えられるのかということだった。石切り場でのレース、ペイント爆弾、そして免許を取ったばかりの17歳の3人組に「運転教官」を演じるという旅である。そして、もうひとつの大きな疑問は、なぜすべての車にデュアルコントロールが標準装備されていないのか、ということでもあった。

エディーへのトリビュート

エディ キッドは、最も偉大なバイカーの一人だった。信じられないほど才能があり、信じられないほどハンサムなスタントライダーで、死を招くような技を披露していた。しかし、1996年の事故で人生を変えるほどの怪我を負い、エディのライダーとしてのキャリアは終わってしまった。トップギアは、知っている唯一の方法で、この英国の伝説に敬意を表している。パディ マクギネスがレザーを身にまとい、火の輪を飛び越える。さらに、より才能のあるバイカーたちが、トロフィートラックを飛び越えるという、これまでに見たこともないような壮大なスタントショーを行う。

フレディ、レースを学ぶ

フレディ フリントフは、クリケット選手、ボクサー、そしてミュージカルシアターにも挑戦してきた。しかし今は、真のレーシングドライバーになるという、これまでで最も恐ろしい挑戦をしている。果たしてフレッドは、クリスとチームを組んで一流の耐久レースに参加するために、レースライセンスを取得することができるのだろうか?

我々の進む先に道路なぞ必要ない

クリス ハリスは、ドク ブラウンの社用車の40周年を記念して、DMC デロリアンの驚くべき裏話を紹介する。FBIのおとり捜査、スーパーモデル、麻薬取引、タイムトラベルなど、小説よりも奇妙な物語が始まる。

ヴィクターは俺のモノ

アストンのヴァルカンをベースにした傑作で、世界でたった1台しか作られていない超高級車ヴィクターにパディが迫る。ヴァルカンのオーナーは、非常に硬い乗り味と格闘している。

フレッドのリトルレッドコルベット

新しい右ハンドルのコルベット C8は、イギリスでも意味のあるアメリカンスポーツカーなのだろうか?その答えを求めて、トップギア専属のアメリカ好き、フレデリック フリントフ Jr.IIIが英国初の右ハンのコルベットを手に入れた。

STOってオーバーステア?

クリスはシルバーストーンに乗り込んで、目を見張るような、そして目を見張るような子供のような、サーキット仕様のウラカンをテストした。パンチの効いたエクステリアの下には、どのようなサーキットでの才能が潜んでいるのか?また、そのクルマとはどんなものなのか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS