405psの6MT、ロータス エミーラ V6 ファーストエディションがついに日本でも発売

いやー、待ったよねー。何って、ロータス エミーラだよ。ついにV6 ファーストエディションが受注開始になった。生産開始は2022年春頃を予定している。価格は13,530,000円。

ロータスカーズ、マネージングディレクターのマット・ウィンドルは、「エミーラは私たちがこれまでに作った中で最も完成度の高いロータスであり、当初から強いご要望を頂いておりましたお客様のためにも、最初の⾞は特別でスペシャルなものにしたいと考えました。ファーストエディションに相応しいスペシャル仕様にすべく、仕様装備は我々のデザインチームが慎
重に選択しました」と述べた。

エミーラは、ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を完全に体現する、新しいミッドシップエンジンのプレミアムスポーツカーだ。これは、⾃動⾞業界がロータスに期待するすべての特徴を備えている。

エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの能⼒や特徴、技術の素晴らしさに基づいて構築されたエミーラは、ロータスの⾶躍的な進歩を表している。これらを即座に認識できるブランドシグネチャとコアバリューは、実⽤性、快適性、機能性、テクノロジーのレベルのパラダイムシフトと組み合わされている。エミーラはロータスによって開発された、新しい軽量の接着アルミニウムシャーシを搭載。これはロータススポーツカーの DNA の本質的な部分である。

V6 ファーストエディションのパワーユニットは、エキシージとエヴォーラに供給されているロータスで研ぎ澄まされた 3.5 リッタースーパーチャージャーV6 エンジンとなり、2 シーターの後ろにミッドマウントされている。オープンマニュアルギアチェンジメカニズム + メッシュグリルのスポーツレシオ 6 速マニュアルトランスミッションと油圧式パワーアシストステアリングの組み合わせにより、最高出⼒405psを発⽣させる。オプションでパドルシフト付き 6 速オートマティックトランスミッションが選択可能。

V6 ファーストエディションは、ロータスデザインパックの一部である 20 インチ超軽量 V スポーク鍛造ダイヤモンドカットアロイホイールが標準装備。ダイヤモンドカットはプレミアムな2トーン仕様となり、シルバーとグロスブラックも選択可能だ。2 ピースハイパフォーマンスブレーキディスクと、ロータスネーム⼊りブレーキキャリパーは標準のブラックの他にレッド、イエロー、シルバーから選択可能となり、TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)も標準装備となっている。

V6 ファーストエディションは鮮やかなエクステリアカラーが標準装備となり、7 月のエミーラ発表時にお披露目されたセネカブルー、マグマレッド、へセルイエロー、ダークバーダント、シャドーグレー、ニンバスグレーの6色から選択できる。

エクステリアディテールには LED ヘッドライトとリア LED ランプ等の LED ライト類、チタニウムエキゾーストテールパイプフィニッシャー、電動調整・可倒式ヒーテッドドアミラー、リアパーキングセンサーが含まれます。ローワーブラックパックが標準装備となり、エアブレード、フロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザーがグロスブラックで仕上げられる。

7種類から選択可能なインテリアトリム&シートも標準装備となり、追加料⾦はかからない。レザーは、ブラックナッパレザー + グレーコントラストステッチ、レッドナッパレザー + レッドステッチ、アイスグレーナッパレザー + アイスグレーステッチ、タンナッパレザー + タンステッチの 4 種類から選択可能。アルカンタラは、ブラックアルカンタラ + グレーコントラストステッチ、ブラックアルカンタラ + イエローコントラストステッチ、ブラックアルカンタラ + レッドコントラストステッチの 3 種類から選択可能。サテンクロームインテリアトリムフィニッシュ、アンビエントムードライト(ホワイト)、ロータスネーム⼊りシルキックプレートがプレミアムルックを完成させる。

シートヒーター(3 セッティング)は 12-way 電動調整機能と 2 プリセットメモリー機能(運転席&左右ミラー)を備えている。クライメートコントロール(シングルゾーンエアコンディショニング)、クルーズコントロール、キーレススタート、DPMドライブモード(ロータスダイナミックパフォーマンスマネージメント、Tour/Sport/Track/ESC Off)が標準装備だ。

スマートフォンとの接続(Blutooth or USB)により利⽤可能な Apple CarPlay/Android Auto と、英国ブランド KEF の 10 チャンネルプレミアムサウンドシステム(340W)が V6 ファーストエディションには組み込まれており、全ての機能はダッシュボード中央に取り付けられた 10.25 インチ HMI タッチスクリーンと、マルチファンクションステアリングホイール後方に設置されている 12.3 インチ TFT ドライバーディスプレイを介してアクセスする。

ローワーブラックパックに加え、更に 3 つのオプションパックが標準装備となる(ロータスドライバーズパック、コンビニエンスパック、ロータスデザインパック)。ロータスドライバーズパックによりサスペンション + タイヤコンビネーションは、ツアーサスペンションGoodyear Eagle F1 SuperSport LTS タイヤ(Road)、スポーツサスペンション + Goodyear
Eagle F1 SuperSport LTS タイヤ(Road)、スポーツサスペンション + Michelin Pilot Sport Cup 2 LTSタイヤ(Track)の 3 つから選択可能。ロータスデザインパックは、プライバシーティントガラス(リア 3 クォーターウインドウ、リアウインドスクリーン)、スポーツアルミペダルパッド(ラバーインサート⼊り)、ブラックアルカンタラインテリアヘッド
ライニング、ブレーキキャリパーカラー選択(ブラック、レッド、イエロー、シルバーより選択)が追加となる。コンビニエンスパックは、フロントパーキングセンサー、リアリバースカメラ、雨感知ワイパー + エアロブレード、⾃動調光バックミラー/ドアミラー、ストレージネット(リアラゲージコンパートメント、助手席フットウェル)が追加となっている。

オプションとして、6 速オートチックトランスミッション(パドルシフト付)、ルーフパネル/カントレイル/ミラーバック/フロントエアブレード/フロントスプリッター/サイドシル/リアディフューザー/エキゾーストテールパイプフィニッシャー/リア LOTUS バッジがグロスブラック仕様となるフルブラックパック、7 種類から選択可能なステアリングホイール + TDC マーク&ステッチ、スコーピオンビークルトラッカーシステムが含まれる。

ロータス エミーラ V6 ファーストエディションのコンフィギュレーター更新版が https://www.lotuscars.com/ja-JP/model/emira#configure で公開されており、⾃分仕様に完全に変更できる(コンフィギュレーター写真は
本国仕様のため、一部異なる場合がある。また、現在、HOMELINK オプションは⽇本では選択できない)。さあ、買うのか、買わないのか?とりあえず、コンフィギュレーターで迷うことからスタートしてみよう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS