マセラティの新型SUV、グレカーレが半導体の供給不足で2022年に延期

マセラティ グレカーレの世界公開は、サプライチェーンの問題により延期されることになった。

現在、自動車業界全体を悩ませているこの問題により、マセラティの新型SUVを見る機会が失われており、現在のところ、画像はこの「スパイ」ショットのみとなっている。

マセラティは、「半導体の不足により、予想される世界的な需要に適切に対応するための生産量が確保できない」と述べている。

確かに、このミッドサイズSUVは、昨年、豪華なスーパーカーMC20の情報を得たときに明らかになった、マセラティのさらに大きな輝かしい新計画の大きな部分を形成している。風といえば、グレカーレは他の自尊心のあるマセラティと同様に、「地中海の強い北東風」にちなんで名付けられた。

グレカーレは、アルファロメオのステルヴィオを製造しているFCAのカッシーノ工場で、約8億ユーロを投じて製造される予定だ。また、完全に電気化されたグレカーレも登場する予定である(MC20 EVとクアトロポルテ EVも同様)。

今年初め、マセラティはグレカーレのプロトタイプが「ロード、サーキット、オフロードでの集中的なテスト」を行っていると発表した。また、「特にコネクティビティとヒューマン・マシン・インターフェースの分野で、画期的なコンテンツを提供する」と約束している。

「交通業界全体を襲っている部品供給の問題にもかかわらず、マセラティは今も懸命に取り組んでいます。詳細が分かり次第、ご報告いたします。その間に、トップギア・ジャパン 045号のMC20のレビューを読んでみて。ネタバレになるけど、良い製品だよ。

=海外の反応=
「"生産量では、予想される世界の需要に適切に対応できない"彼らの楽観主義を賞賛する。私には壊れた古いノートパソコンが2台ほど転がっているので、それでまかなえると思うよ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS