さすが王室御用達 チャールズ皇太子のアストンマーティン DB6 ヴォランテはワインとチーズで走る

チャールズ皇太子は、1970年からアストンマーティン DB6 ヴォランテを所有しているが、その走行燃料は通常の無鉛ガソリンではなく、廃棄物から生成されるバイオエタノールであることを改めて強調した。

チャールズ皇太子は、BBCとのインタビューで、気候変動や二酸化炭素排出量を減らすための自らの努力について語り、彼の美しい旧型DB6が本当にワインとチーズで走ることを確認した。そう、このクラシックなアストンは、文字通り王族にふさわしい食事をしているのである。

チャールズ皇太子はBBCのインタビューに応じ、「今は電気自動車を所有していますが、とても難しいことでした。私の古いアストンマーティンは、51年間使っています。信じられないかもしれませんが、余ったイギリスの白ワインと、チーズを作るときに出る乳清で走っているのですよ」

バイオエタノールを製造しているのは、グロスタシャー州にあるグリーンフューエルという会社。グリーンフューエルは、アストンマーティンの遺産を扱うRS ウイリアムズ Ltdと協力して、王子のDB6をチーズとワインのマシンに改造した。

1969年に登場したシリーズIIは、4.0リッターの直列6気筒、282bhpを搭載した「普通のクルマ」だ。チャールズ皇太子は昔、グラハム ヒルにDB6の楽しみ方を教えてもらったことがある。F1で2度のワールドチャンピオンに輝いた彼の指導は、ドライビングインストラクターとしては悪くない。

言うまでもなく、プリンスのDB6は、お酒を飲んだおかげで、よりパワフルになった。みなさんも、ワインとチーズをベースにした車のダジャレを下記のスペースで披露して。そしてクリーンにね。

=海外の反応=
「ワイも」
「私の車も同じ。まあ、E85だけどね。テールパイプの排出量が以前と変わらないという事実に阻まれたとしても、短期的には良い解決策だと思う。バッテリーの鉱物は、毎日、あるいは毎週のように車を必要としない人のために浪費するにはあまりにも貴重だ」

アーカイブ

subscribe RSS