グランドセイコーからスプリングドライブムーブメント搭載の2モデル発表

グランドセイコーから、セイコーの創業140周年を記念し、新スプリングドライブムーブメント「キャリバー9RA2」を搭載した2モデルが発表された。グランドセイコー専用の次世代スプリングドライブムーブメント「キャリバー9RA2」は、2020 年に誕生した革新的なキャリバー 9RA5 と同等の性能を有しながら、パワーリザーブインジケーターを裏側に配すことで、針の取付位置を下げ、ケースの薄型化に成功した。美しいブルースチールのインジケーター針を備え、厳寒期の信州地方で見られる霧氷を表現した「信州霧氷仕上げ」と響きあい、静謐な表情を裏ぶたから覗かせている。

1本目は、創業者の信条とグランドセイコーの進化を大樹の年輪にイメージを重ね合わせて表現したモデル<SLGA008>で、11月19日(金)より発売。価格は5,500,000円、全世界で140本の数量限定。

この造形は、1967 年に 44GS で確立したデザイン文法を継承しながら、「光と陰の間」に美を見出す日本の感性を取り込み、本質的な視認性や装着性を一層進化させることを目指した新たなデザイン文法によって導かれている。

ザラツ研磨による歪みのないケースは調和のとれた輝きを放ち、深く溝を入れたインデックスと、力強い対比関係によって識別性を高めた立体的な時分針は、この上ない高い視認性を実現。重心を低く抑えながら腕なじみ良く設計されたケースによって装着性も向上している。

大樹の年輪をモチーフとしたダイヤルは、従来の型打ち模様よりも高低差を広げ、流線的な木目の溝にも数百箇所に及ぶ細かい筋目加工を施すことで、独創的でダイナミックな模様に仕上がった。深みのあるダークブラウンのダイヤルは、華やかで暖かみのある 18Kピンクゴールドのケースと美しいコンビネーションを生み出している。

インデックスは 18K ゴールドを削り出して形作り、繊細で美しい輝きを放つ。6 時位置の SD マーク(Special Dial= 金無垢のインデックスを採用したダイヤル)がこのモデルの特別性を物語る。

www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/slga008

そして、もう1本が、信州・諏訪湖の水面をモチーフにブランドフィロソフィー「THE NATURE OF TIME」を表現したモデル<SLGA007>で、12月10日(金)より発売。価格は990,000円、全世界で2,021本の数量限定。

グランドセイコーのスプリングドライブモデルを生み出す、セイコーエプソン株式会社 塩尻事業所内「信州 時の匠工房」からほど近くに位置する「諏訪湖」。信州最大の面積を誇る諏訪湖は、八ヶ岳連峰、日本アルプスをはじめとする山々に囲まれた、標高の高い諏訪盆地の中央部に位置し、澄んだ空気や豊かな水量に恵まれている。古くは製糸産業が栄え、現在に至る腕時計などの精密機械工業の発展を支えた諏訪地域の象徴ともいえる湖である。本モデルでは、早朝の静寂の中で、湖を渡る風に細波の音を穏やかに立てる諏訪湖の情景に着想を得て、その水面を型打ちのダイヤルで丁寧に表現している。この「ミナモパターン」は、光を受ける角度により、まるでそよ風に揺らぐ水面のような表情を見せ、スプリングドライブ特有の滑らかな秒針のスイープ運針と相まって、湖畔の静けさの中の時の移ろいを連想させる。金色のグランドセイコーロゴと秒針は、水面に煌めく朝日を表し、鮮やかなミナモブルーのダイヤルに上品なアクセントを与えている。
www.grand-seiko.com/jp-ja/special/slga007

アーカイブ

subscribe RSS