復活するホンダ インテグラがこんなのだったらすごいクール!

先週、ホンダのインテグラが復活することがわかった。具体的にどのような形で復活するのかはまだわからないけれど、この写真のようなクルマになることを切に願っている。

このレンダリングされたイラストは公式なものじゃないけど、とても素晴らしい。これはジョーダン ルビンシュタイン-タウラー氏の作品で、90年代のクラシックなインテグラ タイプRを現代風に再構築しただけでなく、そのための全仕様を想定しているのだ。

フロントには2.4リッター4気筒VTECエンジンが搭載され、最高出力276bhpを8,600rpmで発生させる。ジョーダンの夢は、すでに現実から遠ざかっているんだけれども…。

チタン製エグゾースト、クローズレシオ6速マニュアル、リミテッドスリップデフ、マニュアル調整式車高調、その先にはエンケイ製18インチ鍛造ホイールがついてる。カーボン製のボンネット、ルーフ、ハッチのおかげで、車重は1.2トンを切っているという。インテリアはエリーゼ S1のようなミニマムな美しさで、アルカンターラ巻きのホイールとデジタルダイアルだけが豪華さを演出しており、エアコン、ステレオ、アクティブドライブアシストシステムはすべてオプションである。

まさに空想の世界だね。生まれ変わったアキュラ インテグラがこんな風になっていたら、私たちはヘッドギアに詰め込んだサイドオーダーのフライドポテトを食べまくるだろう。そして、その後にこんなクルマに乗ることができれば、喜んでヘッドギアまで食らいつくすことができるだろう。純粋にデジタル化された夢かもしれないが、これはちゃんとしたレトロ・リマジネーションと呼んでも良いものだよね?

ジョーダンの "Teg"の仕様や色、詳細については、Jordan Rubinstein-Towler氏のInstagramページで見ることができる。ご覧になった後は、ご意見をお聞かせください。

=海外の反応=
「フロントはインテグラの改良型、後部はプレリュードの改良型をイメージしたよ」
「まんま、進めてほしい」
「これは本当に素晴らしい。ホンダは、今まで打ち出そうとしていたセンス無しのクロスオーバーは破棄して、このデザイナーをすぐに雇うべき」
「プーマやエクリプスのようなSUVでなければいいんだ」
「エクステリアのレンダリング結果は、モダンでありながら1990年代のホンダのようでもあり、とても気に入っている。インテリアは?もう少し取り組む必要があると思う」
↑「悪くない。(少なくとも僕にとっては)この新しいコンセプトは、アキュラ RSX - インテグラ Type-R DC5 (2002)に似ているように思える」
「これは、アフターマーケットのライトを除けば、すでに25年前のものに見える。発売時にこのような時代遅れのものを出すのは良くない」
「このデザインはとてもすっきりしていると思うけど、少しがっしりしすぎているようにも見える。テールライトを大きくすれば、リアがぽっちゃりして見えなくなるのでは?インテリアについては、最小限の技術を採用している点などは評価できるけど、ダッシュボードは奇妙に見えるし、エアコンの吹き出し口の位置もカッコ悪く見えてしまう」

アーカイブ

subscribe RSS