同じドライバーでポルシェ911 GT2 RSよりも速い記録を出したアンプラグドVer.のテスラ モデル S プラッド

トップギアでは、アンプラグド パフォーマンス(Unplugged Performance)の活動がよく知られている。スペースXの本社のすぐ近く、カリフォルニアに拠点を置く彼らは、テスラ車にきちんとした(ほとんど)性能アップグレードを施す、チューナーだ。バッテリーやモーターには手を加えず、サスペンション、ブレーキ、軽量化などに重点を置いて、0-97km/hや最高速度など、箱から出したばかりのワイルドなタイムをさらに向上させる。

アンプラグドは、アメリカ国内のラップレコードテーブルでスーパーカーを倒すことで、その実力を証明してきたが、今日はラグナセカでいくつかの戦利品を持ってきた。ほら、めっちゃ怖いコークスクリューのあるところだよ。

これはアンプラグドのテスラ モデル S プラッド、別名「ダークヘルメット」だよ。後ろでクスクス笑ってない?気持ちはわかる。なぜなら、この車はポルシェ911 GT2 RSよりもラグナを速く走ることができ、マクラーレン セナが持つ市販車の記録にわずか0.6秒差迫っているから。重要なのは、911もモデル Sもセナも、同じドライバー、ランディ ポブストを起用したことです。ランディ ポブストは、あなたがリビングルームから冷蔵庫までの道を知っているように、サーキットの道を知っている人物だ。

ランディとダークヘルメット(この名前だけは、マジでやめてくれ)は1m28.2秒を記録し、市販のEVのラップレコードを獲得した。後ろの巨大なウイングはアンプラグドがどれだけエアロに力を入れているかを物語っているし、サスペンションはレース用ホイールとヨコハマタイヤにビルシュタインのレース用ショックを組み合わせたフルアジャスタブル仕様になっている。アンプラグドが約束するのは、ドライバーを乗せても2.2トンのクルマであるということだ。

「イーロン マスクとテスラには感謝しています。必要なものを超えて、最高のものを提供してくれる、より良い未来を築いてくれたのですから」とアンプラグドは語り、さらなる改造を約束してくれた。きっと、セナのラップタイムに照準を合わせていることだろう。

さあ、みなさん、どう思う?

=海外の反応=
「僕は、"量産車"ラップレコードであるためには、車が改造されていないことが必要だと思っていた。つまり、工場から出荷されたままの状態でなければならないのだが、これは断じてそうじゃない。だから、印象的な記録ではあるが、正確にはフェアではない」
「勘弁してくれよ、全くのデタラメじゃないか。GT 2 RSに同じ装備(レース用パーツ)を取り付ければ、重量オーバーのEVに勝てるだろう。物理学的な話をしている。EVは重すぎて本当には勝てない」
「でっけぇウィング! イーロンのエゴはこの下に入ってるのかな?」
「本当は標準車・市販車のラップタイムが知りたかったのだが…。誰かがランディに車を渡してくれることを願うよ」
「つまり、1000馬力以上の大改造を施したテスラが、789馬力のノーマルのセナに勝てなかった、というニュースだね」
「テスラ プラッドにレーシングのスリックを履かせ、巨大なエアロウィングを装着し、内装を剥ぎ取り、サスペンションを改良した重度の改造ロードイリーガルバージョンが、保証付きの純正市販車を打ち負かすなんて、誰が想像できただろうか?500馬力の911 RSRがラグナセカでどのような結果を出すのか見てみよう」
「僕はICEの熱狂的ファンだけど、プラッドのラップタイムを貶めるために急いでいるのは、ちょっと面白いね。EVはますます速くなり、どのような性能指標においても、いつかはICEを追い越すだろう(水素ICEや電子燃料に救われない限り)。それが今日であろうと、20年後であろうと、私たちは素の性能だけがこの車を買う理由ではないという考えに慣れていくべきだと思う。そうであれば、誰もが現代のF1カーと2000年代初頭のF1カーを比較して見たり乗ったりすることも楽しくなるだろうし、コンディション良好なオリジナルのNSXが新車より高くなることもないだろう」
「確かに速いんだけど、他の部分がとてもカッコ悪いのに、速さばかりを気にする人もいないだろう」

アーカイブ

subscribe RSS