マニアックなおっさんを唸らせそうなフォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカーのレゴが出たよ

フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカーがレゴになって、8/1から発売される。オープン価格となっており、全国のレゴストアや、オンラインでも販売される。

レゴ グループでは、2011 年に前身の「フォルクスワーゲン T1 キャンピングカー」を再現したセットである「レゴ クリエイター エキスパート フォルクスワーゲン T1 キャンパーヴァン」を販売しており、今回約 10 年の時を経て、後継モデルである「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」を発表した。

新しいセットはこれまでよりも大きく新しいペイントカラー、スライドドア、トレードマークであるタイプ 2 のラップアラウンドベイウィンドウ、フロントウィンドシールド(フロントガラス)、テント付きのポップアップルーフ、そして一目でわかる新しい「顔」が特徴だ。ボンネットの中ではステアリングが動くようになっているほか、室内にはオープンキャビネット、冷蔵庫、シンク、ティーポット付きのガスコンロなど、キャンピングカーでの旅行に必要なものがそろっている。折りたたみ式の椅子や、多くのサーファーに愛されたことを象徴したサーフボードも付属している。

また、レトロなデカールを含むステッカーセットや、フォルクスワーゲンの本社があるドイツ、またはアメリカ文化の象徴と言われるほど輸出されたアメリカのナンバープレートを選択できるなど、自身の興味に合わせてカスタマイズすることが可能。このマニアックぶりだと、子供向けにとどまらず、おっさんたちも十分満足させられそうだ。公式の写真も、ちゃんとおっさんがモデルだし。

「フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」は、1960 年代後半から 1970 年代に活躍し、日本でも「ワーゲンバス」という愛称で呼ばれるなど、多くの人に愛され続け、現在も販売終了をしていながらも高い人気を誇っている。

レゴグループ デザイナーのスヴェン・フラニックは次のようにコメントした。
「フォルクスワーゲンのキャンピングカーは、他に類を見ないほど魅力的な車です。このレゴ版は、キャンピングカーに乗ったことのある人やキャンプに行ったことのある人、あるいはキャンピングカーに憧れていた人に、たくさんの楽しみを提供できると思います。フォルクスワーゲンのキャンピングカーは、レゴカーコレクションではおなじみですが、この最新モデルは、レゴビルダーにさらなる喜びをもたらします。細部にまでこだわったインテリアは、ベテランのキャンパーや冒険家を魅了し、ポップアップルーフの付いた目を引く外観は、オリジナル同様にこだわりの結晶であると言えます」

レゴ公式オンラインストア:https://www.lego.com/ja-jp
全国のレゴストア:http://clickbrick.info/shop/
及びレゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店  https://www.rakuten.ne.jp/gold/benelic-lcs/

アーカイブ

subscribe RSS