メルセデスAMGの新型SL インテリアは300SLロードスターの雰囲気

随分と進歩したね。初代モデルでは、ドライバーの近くにいくつかの主要なコントロールが横に並んでいたが、2021年モデルでは、玄関に置いても違和感のない巨大な中央のタッチスクリーンが採用されている。

新型メルセデスAMG SLの内部へようこそ。おっと、乗る前に手を拭いて。

メルセデスのアイコニックなネームプレートが、今度はAMG製品として戻ってきた。インテリアは、同社が「ハイパーアナログ」と呼ぶもので、オリジナルの300 SLロードスターの極めて優れた、時代を超越したミニマリズムと、MBの豊富な技術的専門知識を融合させた試みである。

後者の場合、あなたの目は中央のスクリーンから大きく外れることはない。Sクラスと同様に、新型AMG-SLにも運転席と助手席の間に大きなタッチスクリーンが設置されている。このタッチスクリーンは11.9インチで、「タービンノズル」と呼ばれる2つのファンに囲まれており、太陽光の眩しさを避けるために電動で縦位置に調整することができる。

ドライバー用には12.3インチの「航空機をイメージした」インスツルメントパネルが装備され、SLには最新世代のMBUXが採用されている。実際、Sクラスを参考にしたのは、この新型SLの操作構造の一部が大型のメルセデス・ベンツに対応しているからだ。AMGに特化したコンテンツとして、「パフォーマンス」と「トラックペース」というメニューが用意されている。

もちろん、どちらのディスプレイもパーソナライズできるし、HUDもオプションで用意されている。ここまではソフトウェアの話だが、ではハードウェアはどうなっているのか知りたいよね?メルセデスによれば、ヘッドレスト一体型のシートは「完璧な」人間工学に基づいて設計されており、さまざまな縫い目や取り付けパターンを採用することで、新型SLのスポーティさとラグジュアリーさを強調しているという。

1989年のR129 SLのデビュー以来、公式には「2+2」となっているが、メルセデスによれば、リアは150cmの身長の人まで許容できるという。しかし、写真を見る限りではそうではないようす…。いずれにしても、後部座席のスペースが必要でない場合は、メルセデスはドラフトストップを提供しているし、ある程度のサイズのバッグなら後ろに置いておくこともできる。

ドアパネルにはBurmester社のスピーカーが隠れており、それ自体がインストルメントパネルから「流れるように」つながっている。メルセデスによれば、ドアの中央部は、冗談ではなく、「官能的な層状の地形としてデザインされている」とのこと。エヘン。ルーフを降ろしたり、64色あるインテリアアンビエントライトの色を変えてみたり。そうすれば、すべての疑問がかき消されていくのだろう。

ダイムラーグループのデザイン・ボスであるゴーデン・ワグナーは、この新型SLの特徴を「デジタルとアナログのラグジュアリーの間に位置する革新的なインテリア体験」としている。参考までにオリジナルの写真を以下に掲載しとくね。

=海外の反応=
「そんな馬鹿げたバックシートをつけるならいっそのこと、バックシートを付けない方がいい。本当にこれは何なの?子供にとっても侮辱的だし、荷台スペースを確保するためにも外した方がいいよね」
↑「これに限ったことではないと思うけど、ほとんどのカブリオレには、ルイヴィトンを乗せるための装飾的な「シート」がついてる」
↑「4人乗りだと保険料が安くなるのでは?」
「スクリーンはまだあまり好きじゃないけど、すべてがきちんとしたインテリアのようにきれいに配置されているのが気に入っている。だから、新しいSLにとても期待」
「なんか居心地よさそ」
「なぜかいかがわしいナイトクラブを連想させる」
「後部座席は、エンジンベイにV12エンジンを搭載する必要があり、ヨーロッパの都市部で操縦不能になるまでクルマを長くすることができないため、冗談のようなものだと思うんだけど。だからこそ、4人乗りのEQコンバーチブルの登場を期待したいところ」
「この新型車にはV12は搭載されません。V12はSクラスのマイバッハだけになる。これについては、愚かなリベラル派と排ガス規制のせいにすることができるな」
「中央の大きなスクリーンは、よく統合されている。もう少しモデルが増えれば、インテリアも整理されてくるのではないだろうか。ホワイトレザーはいつも素晴らしいけど、実際には何度か座っていると汚れてしまうので、誰も買わないのではないかと思われ」

アーカイブ

subscribe RSS