リシャール・ミル レーシングチームがWEC第2戦 ポルティマオへ臨戦態勢

スパ・フランコルシャンで有望な結果を残したリシャール・ミル レーシングチームの女性トリオが、2戦目の開催地であるポルティマオに向かった。

ベルギーで8位に入賞したベイスク・フィッセール、ソフィア・フローシュ、タチアナ・カルデロンは、2020年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)のシーズンファイナルを戦ったコースで一歩前進したいと考えている。冬の間に行われた新しいレギュレーションの変更が行われたが、チームはアルガルヴェ・サーキットで直面する課題を熟知している。アルガルヴェ・サーキットは高速セクション、数え切れないほどの高低差、ブラインドクレストなどがあるテクニカルなコースでは、完全な集中力が求められる。

「昨年のレースでこのコースを知っています。FIA WECのレベルがELMSよりも高くても、何をすべきか、何を期待すべきかはわかっています。昨年は週末にエンジントラブルが発生したため、十分なパフォーマンスを発揮することができませんでしたが、前回のスパでは信頼性と均質性がロングランにおいて、私たちの強みであることを示しました。スパよりも2時間長い8時間のレースで、できるだけ上位でゴールできるように全力を尽くします!」

ソフィア・フローシュ

3人は、開幕戦から第2戦の1ヶ月間を利用して実質的な作業を行い、LMP2カテゴリーの上位への進出を加速させた。

リシャール・ミル レーシングチームは、シグナテック社の技術サポートを受けながら、滑りやすい路面とタイヤに厳しい高速コーナーで知られるポルトガルのコースの数々の落とし穴にも注意を払っている。

3人は、金曜日に1号車 オレカ-ギブソン「Roxy」のコックピットに戻った。予選は翌日の夕方に行われ、LMP2カテゴリーの11台を含む32台の車両が日曜日 現地時間(UTC+1)11時にポルティマオ8時間レースをスタートする。

https://www.richardmille.com/ja

アーカイブ

subscribe RSS