ルク ドンカーヴォルケのデザインが光るジェネシス G70 シューティングブレーク

先週、現代・起亜自動車の高級車ブランドであるジェネシスが、今年の夏頃にヨーロッパと英国に導入されるというニュースをお伝えした。その際、ヨーロッパ向けの特別なモデルが登場するという情報もあったが、覚えておられるだろうか。

驚くべきことに、その特別なモデルとは、欧州専用の新型車、ジェネシス G70 シューティングブレークだ。

シューティングブレークという名称の使い方には疑問が残るが、これは非常にエキサイティングなこと。浮遊感のあるリアスポイラーや、ジェネシスの特徴である4つのLEDライトをフロントとリアに装備した、素晴らしいデザインだ。ジェネシスのデザインディレクターは、ランボルギーニやベントレーで活躍したルク ドンカーヴォルケであることを忘れてはならない。

参考までに、G70 SBはサルーン(それ自体はキア ストリンガーの親戚)と同じサイズで、長さ約4.7m、幅約1.85mとなっている。ジェネシスによれば、エステートのトランクルームはサルーンよりも40パーセント大きいとのことだが、そのハッチの開口部はかなり狭く見えるのではないだろうか。

インテリアは、最近のプレミアムブランドに期待されるように、キルティングレザーや光沢のある金属をふんだんに使用している。とても素敵だよね。実際のボタンやクリックホイールもたくさん使われているようだ。結果的に。

パワートレインについてはまだ明らかにされていないが、世界の他の地域では、G70サルーンはターボチャージされた2.0リッター4気筒、またはより刺激的なサウンドのツインターボ3.3リッターV6が提供されている。どちらのエンジンも、後輪駆動または四輪駆動と組み合わせることができるのだ。

ヨーロッパのみんなは、V6エンジンを搭載した後輪駆動のエステートを購入できることになったんだよ。ありがとう、ジェネシス。

=海外の反応=
「今のメルセデスよりもメルセデスらしい」
↑「中身はとても素晴らしく、パワー、品質、価格の全体的なバランスも非常に優れている。今、インターネット上で多くの人が、もう美しいシューティングブレークや新型ワゴンが市場に残っていないと勝ち誇ったように言っていたので、私はこのヒュンダイがどれだけ売れるのか、楽しみ。さもなければ、新しい輝く星が死んでいくのを見るのは残念なことだと思う…」
↑「さらに、W124と同じくらい信頼性が高いかもしれない」
↑「プジョー、アルファのサイドライン、スバルのミックスといったところだろうか」
「ファンタスティックなルックス」
「V6は正しい選択だが、私ならやはり全4輪駆動を選ぶ」
「ポルシェのパナメーラとEクラスのエステートを合体させたように見える」
「これはセクシーだ!ヒュンダイがBMW、アウディ、メルセデスのデザインを凌駕するとは誰が考えただろうか?ドンカーヴォルケ氏がペンの使い方を知っていることがよくわかった例」

アーカイブ

subscribe RSS