UKにやってくるヒュンダイの上位モデル、新型ジェネシスは成功するのだろうか?

現代/起亜自動車の高級車ブランドであるジェネシスは、ヨーロッパとイギリスでの発売の詳細を発表した。35,000ポンド(535万円)の高級サルーン「G80」と、さらに大型で50,000ポンド(760万円)のSUV「GV80」が発売される。これらは夏に登場予定だ。

その数ヵ月後には、キア スティンガーの親戚にあたるG70サルーンが仲間に加わる。また、GV70クロスオーバーも登場。シャークフィン型のサイドピラーが特徴的なモデルだ。

これらのほとんどは4輪駆動でV6エンジンを搭載しているので、社有車としては、CO2が英国での販売を妨げていることは想像に難くない。しかし、ディーゼルも用意されている。

その後、欧州向けの特別仕様車が登場する予定だ。

そして、初年度には3台の電気自動車も発売される。特に、キア EV6やヒュンダイ アイオニック 5に見られるような、韓国の新しい電気自動車用プラットフォームを使用したものは、現代/起亜自動車のバッテリーカーの専門知識を考えれば、印象的なスペック数値が出るはずだ。しかし、最初のバッテリーカーは、G80の電動バージョンになる。

ジェネシスのデザインディレクターであるルク ドンカーヴォルケ(元ランボルギーニ)は、フロントとリアのライトにあるダブルライン・シグネチャーと、サイドを通る「パラボリック・ライン」について言及し、「シルエットのバランスをとるのに役立っている」と述べている。そして、「クルマの個性に応じて、バランスを自由に変えることができる」と言う。

G70とGV70は「よりアスリート」寄りに、G80とGV80は「ステータス性」を誇示すると彼が言うのも頷ける。

インテリアには贅沢な素材が使われている。画面での操作にこだわることと、物理ボタンを多用することの間を行き来しているのだ。ドンカーヴォルケは再びこう言う。「私たちは、ボタンやタッチポイントを指でつまんで操作するようなものではありません。必要なものを必要なときにお届けするバトラーサービスのようなものなのです」

このブランドの欧州プロダクトチーフは、フォード フォーカス RSの開発で知られるタイロン ジョンソン氏だ。彼によれば、サスペンションやパワートレインは「欧州向けに大きく変更されている」とのこと。その走りの特徴は、「洗練されたパフォーマンス」にあるという。トップモデルのGV80には、カメラを使ったロードプレビューシステム付きのアダプティブダンピングが搭載されている。

ジェネシスのクルマは、母国である韓国や米国ではすでに販売記録と賞を獲得している(タイガー ウッズについては触れないで)。

しかし、ヨーロッパ市場には、プレミアムブランドの死体が散乱している状況だ。インフィニティは完璧に良いクルマを持ってきたが、救済されることになり、キャデラックも同様だ。アルファロメオやジャガーも販売に苦戦している。私たちは、ジェネシスがこれらのハードルをどのように乗り越えていくのかを尋ねた。

すると、こんな答えが返ってきた。「ヨーロッパはプレミアムブランドの本場であり、ジェネシスにもそのスペースがあると考えています。私たちは、世界の他の地域で行ってきたように、違いを生み出す製品やサービスを提供できると確信しています。

「私たちは、お客様のために体験を創造し、最高の贅沢であるお客様の時間を常に尊重したいと考えています。ヨーロッパにおけるジェネシスのすべては、お客様を中心に構築されており、宅配サービスやジェネシス・パーソナルアシスタント、デジタルタッチポイントなど、生活をより快適にするために設計されています」

基本的に、ディーラーはほとんどない。その代わり、オンラインで購入したり、"スタジオ"を訪れたりすることができる。最も重要なのは、購入と所有の間の唯一の連絡先となる、人間の「パーソナルアシスタント」が割り当てられることだ。まあ、同様のコンシェルジュタイプのアイデアは、他の自動車メーカーでも試みられているが。

もうひとつの大きな魅力は、5年間の保証、サービス、アシスタントへのアクセス、OTAによるソフトウェアのアップグレードが追加料金なしで提供されること。また、車両の集配や送迎も行ってくれる。

さて、あなたへの質問になるが、ジェネシスの完全にオリジナルではないICE車のラインナップは、ここで歓迎されるのだろうか?それとも、EVのみで登場して話題を呼ぶべきだったのだろうか?コメントをお待ちしています。

=海外の反応=
「現代/起亜自動車は非常に有能なリーダーのようで、適切な人材を雇用し、保証などの魅力的なオファーを提供し、全体的に認識されている品質を向上させることで、純粋に主要なブランドの状況を回転させてきたので、実際にうまくいくと考えられる。注目すべきは、最近トライして失敗したインフィニティは、英国全体で5つのディーラーしかなく、基本的にはAクラスの部品箱を使って何とかしようとしていたことで、日産らしい動きをしてたこと。これがうまくいくといいね」
↑「いくつかのブランドが廃止しているロータリー式のインフォテインメントコントローラーも含めて、インテリアには実際に物理的な操作ができるようになっているのがいいね。ドイツブランドのように "常にタッチ操作"ではなく、より合理的で使いやすいインテリアになっていると思う。また、このブランドはようやくスタイルを確立したようなので、今がチャンスだと思っている」
「幸運を祈っているんだ。非常にハンサムなクルマだし、とても素敵なインテリアだ。また、韓国製であるため、価格競争力があり、信頼性も高いだろう。ジェネシスが道路を走る姿を見てみたいものだ」
「私はあのG80が大好き。でも、ここでは販売の面でうまくいかないと思う」
↑「少なくとも英国では、人々のブランド意識が高すぎて、アウディ、BMW、メルセデスしか見ていないフシがある。ボルボだけが販売に成功している。最善を尽くして欲しいと思っているし、ヒュンダイのクルマは好きだけど、あまり期待はしていない」
↑「ドイツ車を見ていると、どこかのバカが騙されて高額で信頼性のないクルマを買わされているのではないかと思ってしまう」
↑「僕はまだ21歳だけど、年を重ねるにつれ、ドイツ車に惹かれなくなってきた。古い直列6気筒のBMWは大好き、自分で所有することは考えられない。今は3台目のボルボに乗っているが、他の同世代の人たちのようにメルセデス・ベンツ/BMW/アウディのルートに行くという選択肢もあったけど、自分としてはセンスを優先させたつもり。全く後悔していない」
「素晴らしいメカであり、まともなクルマかもしれないけど、ヨーロッパの市場でどこまで通用するのかはまだわかんないや…」
「2年前にカリブ海で初めてジェネシスに出会ったときは、そのスタイルやディテールなど、あらゆる面で驚かされた。私にとっては、ドイツメーカーに対する非常に賢明な選択である」
「洗練されたヒュンダイ/キア?これは大失敗に終わるだろう。これを買えるお金のある人は、もっと良い代替品を選ぶよ。超不細工なクルマは、すぐに時代遅れになる」
「G80には4気筒2.5Lシングルターボの直列型アンダーパワーエンジンが搭載されていると聞いている。僕はこの5年間、3.8L V6のジェネシスを愛用してきたが、貧弱な英国市場向けの「小さな」エンジンを搭載した新型G80は買わないな」

アーカイブ

subscribe RSS