ジェレミー クラークソンなど旧プレゼンターも登場 トップギアがサビーネ シュミッツの追悼番組を放映

トップギアは、先月51歳で亡くなったニュルブルクリンクの女王サビーネ シュミッツ氏に敬意を表し、30分のスペシャル番組を放送する。

この番組は、今週日曜日(4月4日)の午後9時から、BBC Oneで放送されるトップギアシリーズ30のフィナーレの直後に、BBC iPlayerを通じてストリーミング配信される。また、4月7日(水)の午後7時30分からBBC Oneでも放送される。

ニュルブルクリンク24時間レースで2度の優勝を果たしたレーシングドライバーは、2004年に「トップギア」に初登場した。その後、10年あまりでホストとして復帰した。

この特別番組では、トップギアの現在のプレゼンターであるフレディ フリントフ、クリス ハリス、パディ マクギネスに、かつてのホストであるジェレミー クラークソン、リチャード ハモンド、ジェームズ メイ、ロリー レイド、マット ルブランが加わり、さらにデビッド クルサード、スージー&トト・ウルフ、ジェス ホーキンスといったゲストも登場する。

トップギアTVのエグゼクティブ・プロデューサーであるクレア ピジーは次のように述べている。「サビーネさんのパートナーであるクラウスさんとそのご家族には、心より哀悼の意を表します。サビーネはトップギアファミリーの大きな部分を占めていたので、私たちはサビーネに特別な敬意を払わなければなりませんでした。彼女と一緒に仕事をし、知り合えた喜びを決して忘れません」

トップギアTVの共同エグゼクティブ・プロデューサーであるアレックス レントンは、「サビーヌは15年以上にわたってトップギアの一員でした。その間、彼女と一緒に仕事をした多くの人々が、スケジュールを空けてこのトリビュートに参加したことは驚きではありません。彼女はとても愛されていたので、私たち全員がとても寂しく思っています」と語っている。

=海外の反応=
「ありがとうございます。このような番組を組んでくれたBBCとトップギアには多くの敬意を表します」
「今週の日曜日に放送されるトップギアを見た後、すぐにこの番組を見るつもりだ。ハモンド、クラークソン、メイの3人が敬意を表して戻ってきてくれたのは良いこと」
「みんなで一緒にトリビュートすることができてよかった」
「かつてのプレゼンターたちを招待したBBCに敬意を表する」
「前のトリオが戻ってきて、敬意を表してくれるのは素直に嬉しいことだ。これはBBCに拍手を送りたいと思う」
「よくやった、BBC。この番組を見るのが待ちきれないね」

アーカイブ

subscribe RSS