「私はただ全速力で走るのが好きだっただけ」マセラティを駆った史上初の女性F1ドライバーが残した言葉

マリア・テレーザ・デ・フィリッピスは、史上初の女性F1ドライバーとして、マセラティ250Fのステアリングを握ってグランプリに出場を果たした女性だ。彼女の人生は、情熱と大胆さそのものであり、マセラティは3月8日の国際女性デーを祝して彼女を讃える。

マリア・テレーザ・デ・フィリッピスは、1926年にナポリに生まれ、1948年 初めての本格的なレースに参加、若干22歳にしてサレルノ-カーヴァ・デ・ティッレーニ ツーリングカー部門500ccクラスで10kmのレースを制した。この最初の勝利が彼女のレースへの情熱に火をつけ、翌年には750ccクラスで複数の勝利を収めた。

1953年から1954年にかけては、オスカ1100ccを駆って、ペスカーラ12時間レース、トゥルッロ・ドーロ、カターニア-エトナ、カゼルタおよびシラキュースのサーキットで優勝をしている。

1955年に、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスはマセラティ2000 A6GCSのステアリングを握る。マリア・テレーザ・デ・フィリッピスは後年、このマセラティ 2000 A6GCSを運転した思い出を次のように述べている。「このパワフルなクルマとならば何でもできると思った…。そしてそれは現実のものとなりました」そして、同時にこのようにも付け加えている。「かわいそうな車だった!壮絶なアクシデントにも見舞われたけれど、たくさんの勝利もありました」この間のハイライトとも言えるのは、カターニア-エトナでの記録的なタイムでの勝利であり、その記録は以後3年に渡って破られることはなかった。そして1955年の2000ccクラス選手権では2位入賞を果たすことになる。

1958年、マセラティ250Fのプライベートマシンを操りシラキュースGPでデビューしたマリア・テレーザ・デ・フィリッピスは、同年ついにフォーミュラ世界選手権ベルギーグランプリに出場。これまで数多くの女性レーシングドライバーがモータースポーツに参戦してきたが、マリア・テレーザはこの先も覆されることのない、史上初の女性F1ドライバーというタイトルを獲得した。

それまで男性の世界と捉えられていたモータースポーツ界で際立った存在感を示したマリア・テレーザは、ライバルたちから尊敬を集め、今日のマセラティの指針ともなっている卓越性、エレガンス、パワーという価値観をサーキットにもたらしたのである。

マセラティとマリア・テレーザ・デ・フィリッピスとは、粘り強さ、勇気、そして大胆さという共通項を持っている。それは、技術的、肉体的、そして自身に課したチャレンジを乗り越え、それをチャンスに変えようとする意欲と決意に他ならない。

没後5年を経てもなお、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスの素晴らしい功績と重要性は、マセラティの価値観を定義し続けるとともに、マセラティブランドで働くすべての女性たちにインスピレーションを与えている。3月8日にソーシャルメディア上で公開された下の映像は、女性たちを結びつけ、祝福している。

"私は勇敢というか無謀というか、無鉄砲だったのかもしれない
なんと言われたっていいの 私はただ全速力で走るのが好きだっただけ"
マリア・テレーザ・デ・フィリッピス(1926-2016)

https://www.maserati.com/jp/ja

アーカイブ

subscribe RSS