ブラッドハウンド LSRが1,287km/h超えをするために、再び売りに出された

ブラッドハウンド LSRが売りに出された。2年前にこのプロジェクトをスクラップ寸前から救い、南アフリカで時速628マイル(1,010km/h)を出した男、イアン ウォーハーストは、スポンサーまたは新しいオーナーのための最後の入札受付を発表した。

「私は2019年に車の高速テストを行うと約束したとき、代替資金は、その後、私たちが記録の試みに継続することができるようになることを前提に、この目標を達成するために十分な資金を割り当てました。他の多くの問題と一緒に、世界的なパンデミックは、この機会を台無しにしましたね…。そして、さらに、すぐ使える資金がない場合、残された唯一の選択肢は、このプログラムを閉鎖するか、プロジェクトを売りに出すことしかないのです」

グラフトン LSRという名前のマシンとプロジェクトを所有している持株会社は、800万ポンド(11.5億円)で、南アフリカに戻ってクルマを取ってきて、時速800マイル(1,287km/h)を超えられると考えている。「ギリギリのところで誰かに突っ込まれて賞を取られてしまうのも時間の問題です」ウォーハーストはTGに語った。「すべての挑戦が終わり、すべてのお金が使われた後、最後の少しの資金提供があれば、それで記録を手に入れることになるんです」と付け加えた。

マシンは、2019年11月にハクセーン パンでのテストを行い、ロールス・ロイス製EJ200ジェットエンジンのみを使用して走りきって証明した。800万ポンド(11.5億円)の予算に織り込まれた次のステップは、追加でナンモ製ロケットモーターを積んで車を走らせ、1997年に戻ってスラスト SSC(音の壁を通過した最初の車)によって達成された時速763mph(1,227km/h)のマークを超えた記録をゲットすることだ。

様々な改良を重ねてきたブラッドハウンドには、ロケットモーターの燃料ポンプを駆動するための電動モーターが搭載されている。「このプロジェクトの次のステージは、本当に最先端のものになります。私たちが計画していたようにロケットモーターを実際に動かすためには、電気モーターとバッテリーの最新技術が必要です。まさに最先端の技術なので、これは本当にエキサイティングなことでした」

ウォーハースト氏はプロジェクトを軌道に乗せて2022年に南アフリカに送り出すためのスポンサーを探すか、プロジェクトを卸売りするかのどちらかを模索している。彼の直感とは?「誰かが資金を提供してくれると思うんです。あるいは、博物館に寄贈されるかですね。それがプランBです」と語っている。

「タイムラインはタイトになっています」と彼は付け加えた。「本当にあと数ヶ月しかないのです。これ以上無理をしてしまうと、来年に(は南アフリカに)出られなくなってしまうでしょう。もし2023年にずれ込んでしまったら、12ヶ月もの間、このプロジェクトを放置しておくにはお金がかかりますし、公平に見るならば、このプロジェクトにはそれなりの結論が必要です」と付け加えた。

ということで、皆さん、これがすべてだ。私たちは以前にもここに来た。それは、ウォーハーストがプロジェクトに介入してテストを行った時だった。そして今、時速800マイル(1,287km/h)を超えるためには、さらに資金を注入する必要があるのだ。

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール