「街の遊撃手」のカースタント、レミー ジュリアンがコロナで逝去

1985年頃にクルマ好きだった人なら誰もがTVに釘付けになったCMがある。それが、いすゞ ジェミニのCM。キャッチコピーは「街の遊撃手」。パリの街並みをジェミニが複数台で踊るように駆け回ったり、飛んだりするCGナシのカースタントが話題沸騰であった。このCMを監修していたのが、史上最も偉大なスタントドライバーと言われているレミー ジュリアンだったが、残念ながらコロナに感染し、90才でこの世を去った。

フランスのニュースソースによると、彼は1月初旬からモンタルジの町の病院で集中治療を受けていたという。「何が起こるかわからないことが起きてしまいました」と親戚はコメントした。「彼は木曜日の夕方早くに私たちの元を去りました。予測はしていました。彼は人工呼吸器をつけていましたから」

ジュリアンは、世界的には、1969年の『イタリアン・ジョブ』での仕事で最もよく知られている。この作品では、彼の勇敢さと、彼の右腕であるRaphaël Olivottiとともに考案した、比類のないドライビング技術とバレエのように正確なシークエンスがマッチしていた。「レミー ジュリアン(と彼の)スタント運転チームを手に入れることができたのは非常に幸運でした」とマイケル ケインは指摘する。プロデューサーのマイケル ディーリーは、「レミーとの最初のミーティングで、ピーター コリンソン(この映画の監督)と私は、想定していた以上にチェイス・シークエンスを進める準備ができていることを発見し、脚本に追加できる、身の毛のよだつようなスタントを提案してくれたことに喜びを感じました」と付け加えた。

1930年4月17日、セポイ村に生まれ、バイクに乗って育つ。1957年にはフランスのモトクロスチャンピオンになり、1964年の映画『ファンタマス』ではジャン マレーの代役として映画のキャリアをスタートさせた。その後も1400本の映画作品や多くの商業作品に出演し、フィアットと手を組み、70年代にはイタリアの巨人のために様々なスタントを披露したことで有名だ。偉大なクロード ルルーシュ(1976年の短編映画『C'était un rendez-vous』はカーチェイスの名作)は、彼を「道理にかなった狂人」と呼んで感動したこともあるくらいだ。

家族がクルマ好きでない限りは、彼の名前は知られていないだろうが、6本のジェームズNボンド映画でのジュリアンの仕事は、世界中の何百万人もの映画ファンに評価されていた。1981年の『007 ユア・アイズ・オンリー』のシトロエン2CVや、1985年の『007 美しき獲物たち』のルノー11など、彼の得意とするところは、普通の車にとんでもないことをさせることでした。1989年の『007 消されたライセンス』では、ケンワースにウィリーをさせることができる男と、18本の車輪の半分に乗せることができる男を加えて、彼のコア チームを増強した。

「タンカーチェイスは、私が考案した中で最も危険なシークエンスでした」と、この映画の監督ジョン グレンは私に語った。しかし、彼はまた、ジュリアンの派手さとは裏腹に、準備には細心の注意を払っていたことも指摘している。「レミーは英語があまり得意ではありませんでしたが、何とかうまくコミュニケーションをとることができました。彼は素晴らしい、ストップウォッチが体に入っている男で、何事にもチャンスを与えてくれました。彼は大胆なことはしませんでした。その代わり、全てが綿密に練り上げられていたのです」

彼自身が認めているように「私は怖がりな子供でしたが、リスクを冒すのが好きでした。時が経つにつれ、本当の難しさは、疑念と自信の間に適切なバランスを見つけることだということがわかったのです」と、2015年に『France Dimanche』に語っている。「監督の希望を確実に叶えながら、完璧さ、正確さ、絶対的な安全性に常に関心を持たなければなりません。私の仕事はリスクを計算することでした」と語っている。

ジュリアンはその長いキャリアの中で、リー マーヴィン、ジャン ポール ベルモンド、ハリソン フォード、ロバート デ ニーロ、アル パチーノなど、多くの大物たちと仕事をしてきた。「ロジャー ムーアと一緒に3本のジェームズ ボンド映画を撮影しました。この手のアングロサクソン系の作品は、保険会社が彼に何かをさせることを拒否するほど厳しいんです。彼は私に『私のスタントシーンは、女性としかやらない』と言っていましたね」と振り返った。

1998年には、ジョン フランケンハイマー監督と一緒に『Ronin』で仕事をしたが、これもまた、目の覚めるようなカーチェイスへのこだわりが印象的な作品だった。しかし、翌年の『TAXI 2』の撮影中に悲劇が起こったた。スタントがうまくいかず、カメラマンのアラン デュタルトルが死亡し、アシスタントが重傷を負った。フランス当局は安全性が損なわれていたと主張し、ジュリアンには1年間の執行猶予付き実刑判決と13,000ユーロ(165万円)の罰金が科せられてしまった。彼は、この映画のプロデューサーが、撮影前にこのスタントを試してみたいという彼の要求を拒否したと主張している。その後、パリ控訴裁判所は判決を覆した。

ジュリアンの息子ミシェルとドミニクは家業を続けており、トップギアでは彼らとジュリエンヌ一族に哀悼の意を表する。レミー ジュリアンはカーチェイスの元祖であり、大胆不敵な映画の先駆者だった。今こそ、彼自身、彼の決定的な瞬間、そして彼が映画スターにしたことを振り返ってみるときではないだろうか。

「よく聞かれるのが、『一番好きなスタントは?』という質問なのですが、フィアットの工場の屋根の間のジャンプでしょうかね。感情的で難しかったので、それに違いありません。地上で作業をし、ランプを準備し、距離や速度などを計算しました。(元々は)それぞれのミニで3回に分けてジャンプをしなければならないと決められていました。ですが、ルーフがとても広かったので、3台のミニをまとめてジャンプさせることができると説明しました。もっと本当はいろいろやり取りがあって複雑だったけれど、本当に素晴らしかったよ」

そして、マイケル ケインは付け加えた。「その後、私はレミーに言ったんだ、『血まみれの地獄だ、心臓がバクバクしたよ。彼は『マイケル、それはさっきの計算の数学のせいだよ』と言っていましたね」

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール