セイコー創業 140 周年記念モデルのイメージは「暁」「夜桜」…「西表島」!?

セイコーの創業 140 周年を記念し、日本ならではの情感あふれる風景からインスパイアされた数量限定モデル全 5 機種を<セイコー プロスペックス><セイコー プレザージュ><セイコー アストロン>の 3 ブランドから 2 月~3 月にかけて順次発売する。価格は、89,100 円から363,000 円。

セイコー プロスペックスは、豊かな海を育む西表島に広がる深緑の情景をデザインモチーフに採用している。マリーンマスター プロフェッショナルから、ダイバーズウオッチ専用のメカニカルキャリバー「8L35」を搭載し、300m の飽和潜水用防水機能を持った本格ダイビングウオッチ 1 機種、ダイバースキューバから、1968 年のメカニカルダイバーズをベースに現代的にデザイン解釈したメカニカルモデルと、重厚感からファンの間で「SUMO」の愛称で親しまれるデザインを採用したソーラークロノグラフモデル 2 機種の全 3 機種が登場。いずれのモデルも、ダイヤルカラーと融和する深緑の強化シリコン製ストラップが付属している。

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/140th_limited/

セイコー プレザージュは、夜空に朝日が差し始める時間、「暁」。夜明けを象徴する朝日の煌めきをテーマに、オールブラックのケースとグラデーションカラーのダイヤルで、明け方の空を表現している。
ベースモデルとなったのは、昨年9月に発売された、新デザインシリーズ「Sharp Edged Series」。華美な装飾をそぎ落とすことで本質を表現する、洗練された日本独自の美学をデザインに取り入れている。エッジを効かせた平面を中心に構成されるシャープなシルエットが、力強い輝きを生み出すことによって、腕元をスタイリッシュに演出。また、ダイヤルに表現された日本の伝統的な麻の葉紋様は、光を異なる方向へ反射させ、深く美しい輝きを生み出す。オプションバンドとして、オールブラックのケースと融和し、闇夜に差し込む朝日を思わせる型押しを採用したブラックのカーフストラップが付属している。
搭載したメカニカルキャリバー「6R35」は約 70 時間のパワーリザーブを有し、週末に着用せずとも、翌月曜日にそのまま使用可能な実用性を備えている。

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/presage/special/140th_limited/

そしてセイコー アストロンは、日本から海外に広がる観桜の文化。その中でも、星明かりに照らされた「夜桜」は、周りの空間にも幽玄な輝きを与え、幻想的な雰囲気を醸し出している。夜の空をイメージしたオールブラックのケースに、風に舞う桜と夜空の星を重ね見る、情緒あふれる夜桜の風景を、濃い紫をベースとしたラメ入りのグラデーションでダイヤル上に表現している。
おおらかなカーブを描くケースシルエット、大きく張り出したかん先、細身のベゼルなど、1969 年の < クオーツアストロン > から受け継いだデザインには、アストロン史上最高性能を誇る GPS ソーラーキャリバー「5X53」が搭載されています。時刻修正時の運針速度が劇的に向上した「高速タイムゾーン修正」や、ワンプッシュで素早く現地時刻に修正する「タイムトランスファー機能」などの高機能を実現するのと同時に、省電力化技術などにより圧倒的なコンパクトサイズを実現している。

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/astron/140th_limited_jp

 

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール