ホンダ eのドラッグレース版とN-ONE RSのヒルクライム版が刺激的

先日、ホンダが2021年の東京オートサロンのオンライン限定モデルとして発表した、補聴器みたいなベージュカラーのフィット クロススター カスタムを覚えてる?ブリリアントだったよね?

とにかく、ホンダが今年のバーチャルイベントで計画していたのはそれだけではなかったのだ。さらにエキサイティングなものが、ホンダ アクセスから2台、用意されていたのだ…。

ようこそ、こちらのページへ。その名は、e-DRAG(イードラッグ)とN-ONE RSベースのK-CLIMB(ケイクライム)だ。

まずはEから始めよう。お察しの通り、ホンダはドラッグレーサーとして これを作っていまるのは、誰の目にも明らか。パワートレインの変更については何も語られていないが、eはカーボンファイバーで強化されたプラスチック製のボディパネル、変更されたサスペンション、そしてスリックタイヤを装着するためにNSXから17インチのホイールが与えられている。

インテリアはバケットシートが2つ装着された状態で剥ぎ取られている。今回は、一般の人からの投票でカラーリングが決定する。3つのカラーリングのうち、どれがいいか、Webサイトから投票できるので、ぜひ。これが完成するのが待ち遠しいね。

K-CLIMBはさらにカッコいい。基本的には、ターボチャージャーを搭載したN-One系の車両で、6速マニュアルギアボックスとカーボンファイバーパネルを搭載している。また、完成した後、改良されたサスペンションと新しいリアスポイラーを付け、今年後半の実際のヒルクライムレースのための準備を進めていく。

お気に入りはある?

トップギアに寄せられた海外の反応:
「いいじゃん!自動車会社はルノーとホンダに倣って、クルマの設計や販売方法を学ぶべきだと思うよ」

「4WDフレアアーチのラリー ホンダe をプリーズ」

「カワイイよね。英国に軽自動車を持ってくるのを願ってる。デュアルモーターやマッドなハイブリッドの技術を使って、いつかクレイジーなホンダ e タイプ Rを出すべきだよ」

https://www.honda.co.jp/ACCESS/events/autosalon2021/
https://2021.virtualautosalon.jp

アーカイブ

subscribe RSS