バレエのように優雅なH. モーザー エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨン

H. モーザー社から、2021年第一弾となる新作、エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨンが発表された。
文字盤上にゴングとハンマー、さらには6時位置にフライングトゥールビヨンまでを配置。複雑機構を備えながら、控えめで研ぎ澄まされたデザインの美しい時計だ。
今春発売予定で、税抜予価は3,900万円。世界限定20本限定となっている。

チタンケースのフレームワークの中で、バレエをオーケストラのように奏でている。エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨンのダイアル上で、ハンマー、チャイム、フライング トゥールビヨンが調和して回転しているのだ。シャフハウゼンを拠点とするマニュファクチュール H. モーザー社は、時間の経過を音だけでなく動作でも堪能できるように、チャイムで時を告げるこの複雑機構をロゴもインデックスも排した新色のエレクトリックブルーのダイアル側に配した。基本に立ち返ったこの純粋な手法により、無駄な要素を一切なくし、コンプリケーションの美しさを余すところなく表現している。

まるでフロアを回るように踊るワルツのような動作を取り入れたフライング トゥールビヨンと組み合わせは、見ている人をとりこにするだろう。最新カラーのエレクトリックブルーのダイアルで、2 つのチャイムとミニッツリピーター ハンマーが、6 時位置に配されたトゥールビヨンと見事な調和を見せている。この創意の極致を開発するために、H. モーザー社はミニッツリピーターのエキスパート、Timeless 社の専門技術を採用。両社は協力して、まったく新しいデザインを生み出し、チャイムとハンマーをダイアル側に配置して、美しいコンプリケーションを作り上げた。このためには、数多くの技術的課題を克服する必要があった。特に、チャイム(精巧さを保つために、同じレベルに配置される)は、フライング トゥールビヨンの動作を妨げないと同時に、控えめなデザインという H. モーザー社の主眼を尊重するために、湾曲した形にする必要があったのである。

ムーブメントとケースの製作では、エレガントなプロポーションを保つことのできる直径と厚さを確保するのに多くの労力が費やされた。テフロン製のランナーに取り付けられたスライドボルトは、スペースを節約するために地板の中に組み込まれている。ケースの中央部は、ムーブメントを収納するために最大限に広げられており、サウンドボックスを作るための十分なスペースが確保されている。これにより、異なるフィーラースピンドルから得られる情報に基づいて作動する 2 個のハンマーが2 個のチャイムを叩き、時、15分単位、および分を告げる音を増幅させている。ケースの形状はチタンの特性と美しさを最大限に引き出せるよう入念に設計、開発、調整されており、共鳴に必要なスペースが大きく設けられた。チタンは弾性係数が高く、これは負荷がかかった状態でも変形しにくい剛性に優れた素材であるということだ。また密度が低いために軽量で、さらに減衰率が低いために音響壁の振動エネルギーの放出を抑えて効率的に伝達することができる。ミニッツリピーターのメカニズムを確実に動作させること自体が既に技術的な偉業と言えるのだが、大きさ、長さ、澄んだ音色を併せ持つ美しい音を実現するには、ミニッツリピーターを完全に理解していることが必要であった。

6 時位置の目を惹くミニッツ フライング トゥールビヨンは、スケルトンブリッジの背後に見え、精度と計時機能を高めるボールベアリングが取り付けられているのがわかる。今の時代を象徴する極めて現代的なこのトゥールビヨンは、ロゴもインデックスもないエレクトリックブルーのダイアルの上に、あたかも浮かんでいるかのようだ。ブラック アリゲーターレザー製のストラップが、この美しい時計にエレガンスを加え、控えめなミニマリストスタイルのロマンチックなコンプリケーションに仕上げている。

https://www.h-moser.com/jp/streamliner

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール