バーチャルでもファンタスティック!ダイハツ カスタマイズカー特設サイト

2021年の東京オートサロンは中止…。このニュースを聞いたとき、がっくりしたファンは一体何人いるだろう。だが、1/15(金)から始まるバーチャルオートサロン 2021は違った楽しみ方を提供してくれそうだ。

ダイハツは、「ダイハツ カスタマイズカー特設サイト」を公開している。
特設サイトのコンセプトは、「DAIHATSU VILLAGE COLORFUL CARNIVAL(ダイハツヴィレッジ カラフルカーニバル)~新しい楽しみ方、見つけちゃおう~」とし、ダイハツのスモールカーをベースにした5台のカスタマイズカーを様々なコンテンツを通じて提案する。
こういったカスタマイズカーが活かされる様々なシーンを、YouTuberやインスタグラマーの協力のもと、映像やイラストで紹介することで、クルマを通じて拡がる「新しい楽しみ方」を、自宅のPCやスマホで感じていただけることを目指したそうだ。
具体的には、イラストと実車による『ダイハツヴィレッジ ショートショートストーリー』、「だいはつのもり保育園」園児の皆さんご協力による『走るカスタマイズカー塗り絵』、これまでダイハツが制作してきたカスタマイズカーを紹介する『ダイハツ カスタマイズカー博物館』、プロレーサーによる『ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. サーキット走行チャレンジ企画』や、人気YouTuberによる『カスタマイズカーレビュー』等、様々なコンテンツを用意。
中でも初の試みとして、ダイハツ本社から『YouTubeLIVEカスタマイズカー紹介』を実施する。人気芸人のゲスト出演や、開発者による“ここだけの裏話”など、色とりどりのカスタマイズカーをオンラインならではの発信を通じて、幅広い人々に向けてダイハツのことを、もっと知ってもらいたい、と意欲的だ。

毎回、オートサロンでは、気合の入ったファンタスティックカーが出展されているダイハツブースだが、2021年もなかなかのラインナップとなっている。以下にご紹介しよう。

・今年、発売60周年を迎えた軽商用車「ハイゼット」をベースに、2代目ハイゼットキャブをオマージュした「ハイゼット ジャンボ キャンパー Ver.」
・同じく軽商用車「ハイゼット」 をベースに、果樹園で実際に改造して使われている“屋根を切った”軽トラックから着想を得てレース仕様にカスタマイズした
「ハイゼット ジャンボ スポルツァ Ver.」
・軽オープンスポーツカー「コペン」をベースに、運転する楽しみをより感じられるようなカタチを目指した「コペン スパイダーVer.」
・軽クロスオーバー「タフト」をベースに、オフロード志向を高めた「タフト クロスフィールドVer.」
・小型乗用車「トール」をベースに、トールの持つキャラクターをより際立たせた「トール プレミアムVer. with D-sport」

昨年のオートサロンでダイハツのご担当にお話を聞いたが、突拍子もないアイデアもどんどん提案し、とにかく楽しんでこのプロジェクトに取り組んでいる様子が伝わってきた。今回のバーチャルでも、その思いは伝わってくるに違いない。

https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2021/

アーカイブ

subscribe RSS