マセラティ106年の歴史と未来が4分で見られるショートムービー「マセラティ A-Z」

1914年12月1日、アルフィエーリ マセラティは、兄弟のエットーレとエルネストとともに、イタリア ボローニャの中心部に位置するペポリ通り1A番地に「アルフィエーリ マセラティ」を設立した。ブランド設立から106年、マセラティはその創業と一世紀以上に及ぶ歴史を祝うとともに、来るべき未来を見つめている。
"Maserati from A to Z"と題されたこの映像では、創業からのマセラティの精神と、パフォーマンス、革新性、独自性を追求し続けるマセラティの飽くなきチャレンジスピリットを伝えている。

アルファベットの26文字からなるキーワードは、ブランドの過去、現在、未来を完璧に表現している。
4分の映像の中には30台以上のマセラティ・モデルとモダンで多彩なキャストが登場し、時代を超越した精神を、ビジュアル面でのインパクトの強いイメージで表現した。
サウンドトラックには、ジョルジオ・モロダーのアイコン的存在である「ザ・チェイス」のスペシャル "マセラティ・ミックス "を使用している。

映像ではマセラティをこれほどまでに大胆にしてきた様々な要素を紹介し、新時代におけるマセラティのニューモデルとともに締めくくっている。
Zは "Zooming into the Future(未来へのズームイン)"を意味し、マセラティは革命的なニューモデル、イノベーション、プロジェクトによって未来の主役を担っていく。マセラティはすでに強く未来へ向かい始めている。

マセラティのCEOダヴィデ グラッソは設立106周年を迎え、次のように述べた。「私たちは、来るべき新時代を築くにあたって、そのルーツから出発しています。いかなる困難に直面しようとも、自信を持って未来を見つめ続けてきた先人の大胆さによって、私たちの現在が導かれてきたことを誇りに思います。2020年は、マセラティブランドにとって新たな時代の幕開けとなりました。これまで以上に本物であること、そしてマセラティの時代を超えた価値観に立ち返ることが求められています。そして私たちは未来を創り出すのです」

アーカイブ

subscribe RSS