アストンマーティンが11/20-21に六本木ヒルズでオールラインナップ展示

アストンマーティンが、11月20日(金)〜21日(土)に、六本木ヒルズの大屋根プラザにて「Aston Martin Deserves to be driven」と題し、オールラインナップを展示する。
アストンマーティン初にして最新のSUVモデル「DBX」をはじめ、現行モデルが新しいブランドコンセプトの元にズラリ揃うという、貴重な機会だ。

そして、事前応募にて試乗も体験が可能だ。希望者は、11月14日20:00公開の下記URLを確認してほしい。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開も2021年4月となり、来年はアストンマーティンにスポットが当たりそうだ。唯一無二のラグジュアリーと、パーソナライゼーションが作り上げるブランドの世界を存分に堪能してみよう。

イベントタイトル:Aston Martin – Deserves to be Driven
日程:2020年11月20日(金) 21日(土) 11:00-20:00
会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ
展示車両: DBX/DBS スーパーレッジェーラ/DB11/ヴァンテージ ロードスター
イベントURL:https://am-japan.net/deserves-to-be-driven/event/index.html
(11月14日20:00公開)




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール