グリーンがエレガントなH. モーザー ストリームライナー・センターセコンド

 

H. モーザー社から、2020 年 1 月に発売された自動巻きフライバック クロノグラフに続き、ストリームライナー コレクション第 2 弾としてストリームライナー・センターセコンドが発売される。マトリックス グリーンのフュメダイアルがエレガントなこのモデル、価格は215万円(税抜き)。

「ストリームライナー」は、1920 年代から 1930 年代にかけて活躍した初の高速鉄道の特徴である美しい流線形に着想を得たモデルだ。新作では、時計の本質的な要素である時、分、センターセコンドに重点が置かれている。ストリームライナー・センターセコンドは、ステンレススチール製のケースと同じくステンレススチール製のブレスレットが完全に一体化され、理想的なプロポーションと流れるようなフォルムを持つ。

クラシックな 3 針モデルの製造にはきわめて高度な専門技術が必要となる。調和の鍵となるのはバランスのとれた正確なプロポーションで、ストリームライナー・センターセコンドはその理念を完璧に示している。12 気圧防水 40.0 mm ステンレススチール製のクッション型ケースを備え、ケースのラグを廃して完全に一体化されたステンレススチール ブレスレットを始めとしたデザインによって極めて人間工学に忠実なモデルとなっている。モーザー社のケースならではの伝統的な形状にならい、ミドルケース部分はくぼみ、側面にはサテン仕上げ、ケース表面にはブラシ仕上げとポリッシュ仕上げが交互に施されている。トップ部分はわずかにドーム型になったサファイアガラスで覆われ、ケースバックも同じようにシースルー。一体化されたステンレススチール ブレスレットの曲線は、そのまま手首のラインに沿うように優雅なアーチを描いており、非常に複雑な構造のこのブレスレットは、有機的形態に基づくきわめて滑らかなラインを備えている。すべてのリンクは、可動するように連結され、縦方向のブラシ仕上げにポリッシュ仕上げの表面を組み合わせた穏やかな波の形だ。真の技術的な偉業と言えるブレスレットは、洗練された巧みな技術の賜物でありながら、全体にしっくりと馴染む柔軟性も備えている。

ストリームライナー・センターセコンドはそのすべてのパーツが互いに調和している。ケースとブレスレットに採用したステンレススチールの魅力をさらに高めるために、H. モーザー社はまったく新しいフュメダイアルを作り上げた。美しい鮮やかなマトリックスグリーンは、オリーブグリーンからレッドゴールドまで複雑な色合いを見せている。この新しいカラーを纏ったダイアルが、時代に左右されないこのモデルのエレガンスをさらに引き立てる。時、分を示す立体的な針は 2 つに分かれた構造になっており、スーパールミノバ® を含むセラミックベースの革新的な素材グロボライト® を用いたインサートが配され、分針はわずかにカーブしている。
ストリームライナー・センターセコンドの心臓部で時を刻むのは 100% スイス製の機械式ムーブメント、HMC 200 自動巻きキャリバーである。完全に自社で設計、開発、製造されるこのムーブメントには、系列会社の Precision Engineering AG が製造した調速機構が組み込まれている。名高いモーザー ダブルストライプで装飾された HMC 200 キャリバーにはゴールドのローターが収められ、パワーリザーブは約 3 日間となっている。

https://www.h-moser.com/jp/streamliner

なお、8月27日から9月6日まで銀座NX ONEにて特別受注会も開催される。
https://www.nxone.jp




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール