H.モーザーがエンデバーの日本限定モデルを医療業界へのチャリティへ

H.モーザーでは、新型コロナウイルス感染対策の前線で活躍される医療業界への敬意を込め、チャリティ企画を発表した。
深い海のような絶妙な青が評判も高く、20本限定で発売し、瞬く間に完売した日本限定モデル、エンデバー・センターセコンド オートマティック コンセプト ブルーラグーンのプロトタイプを1本8月1日より銀座NXONEにて販売開始する。価格は、2,950,000 円(税別)。
日本限定モデル『エンデバー・センターセコンド コンセプト “ブルーホライズン“』は、ブランドとして今後の発展の核となる自動巻きムーブメント HMC200 を搭載。ダイナミックな曲線、流線的なラインが特徴の直径 40 mm のケースと、モーザーの象徴である美しいグラデーションの“フュメ”ダイアル (フランス語で煙の意)の組み合わせにより、クラシカルさとモダンさを絶妙に融合している。日本限定モデルとして選択されたのは『ブルーホライズン』と命名された新しいブルーカラーをベースにロゴやインデックスを全て排したコンセプトデザインの文字盤が特徴で、まさに日夜新型コロナウイルス感染症の感染リスクと向き合いながら、医療機関や介護施設、福祉施設で勤務されている医療従事者や介護従事者等の皆さんに対し、敬意と感謝の気持ちを表すのにふさわしいモデルだといえよう。また H.モーザー社 CEO エドゥアルド・メイラン氏からも感謝の気持ちをしたためたレターが付属する。
H.モーザー:h-moser.jp
NX ONE 銀座:http://www.nxone.jp




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール