ホンダ eがプロダクトデザインで「ベスト中のベスト」(平たく言えば最高賞)受賞

ホンダの都市型電気自動車、ホンダ eが、エラいデザイン賞を受賞した。なんでも、「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」(最高!ってことだよね)だという。その賞とは、レッド・ドット。これは1955年に設立された、世界的に最も権威あるデザインに関する賞の一つだ。49カテゴリーに及ぶあらゆる工業製品を対象に、デザインの革新性、機能性、耐久性、人間工学など9つの基準から審査される。優れたデザインに対しては「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」、「レッド・ドット賞」、「特別賞」の3表彰があり、中でも、「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」は各カテゴリーの最高賞の位置づけだという。

もう一つが、大型スーパースポーツバイク「CBR1000RR-R FIREBLADE(シービーアール1000アールアールアール ファイアブレード)」も、プロダクトデザイン賞を受賞した。
まず、ホンダ eから。プロダクトデザイン賞(自動車)において「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞、さらにスマート・プロダクト部門においても、「レッド・ドット賞」を獲得した。
こちらは、すでに当サイトで紹介動画試乗の記事を載せており、なかなかの人気ぶりで、関心の高さが伺える。ダッシュボードにある2画面の大型タッチスクリーンを使ってさまざまなコネクティッドサービスにアクセスすできる。バッテリーは車のフロア下にあり、低重心で小さいながら安定感のあるプロポーションを実現し、コンパクトEVとして安定感と操縦性の最適なバランスにも寄与している。

CBR1000RR-R ファイアブレードの方は、プロダクトデザイン賞(二輪車)において「レッド・ドット賞」を受賞した。
このモデルは、2019年11月にイタリア・ミラノショーで発表され、ヨーロッパより発売を開始。日本国内では3月20日(金)に発売された。
“TOTAL CONTROL for the Track~サーキットで本領発揮するマシン”を開発コンセプトに据えたCBRシリーズの最上位モデルで、サーキット走行やレースでも高い性能を発揮することを目標に開発されている。エンジンは世界タイトルを取り続けるMotoGPワークスマシンRC213Vで培われた技術を取り込み、CBR史上最高のエンジン出力を実現。最適・軽量化され、加速時と制動時の安定性を高めたフレームと、スポーツライディングをサポートする高度な電子制御機能によって、高いポテンシャルを発揮するモデルだ。サーキットでも高度な性能を発揮できるよう極限まで追求する中で、磨かれた機能美が評価されての受賞だと考えられている。

日本のメーカーが権威あるデザイン賞を受賞できることは、とても喜ばしい。こんなご時世だからなおのことで、今回の受賞がコロナが沈静化したあとの販売に貢献できることを切に願う。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール