アストンマーティンが2台のハイパーカー、Valkyrie LMHで2025年のル・マンに復帰

アストンマーティン、Heart of Racingと共に2台のハイパーカーValkyrie AMR-LMHを2025年のFIA世界耐久選手権およびル・マン24時間レースに投入する。


アストンマーティンとワークスチームのHeart of Racingが、2025年に2台のハイパーカーValkyrie AMR-LMHで、ル・マン24時間レースのトップクラスに復帰する。1959年以来となる総合優勝を狙う。

アストンマーティンは、エントリーが受理されることを条件に、2025年のFIA世界耐久選手権 [WEC] の全ラウンドに2台のハイパーカーValkyrie AMR-LMHを投入する予定だ。これは、ル・マンのイベント主催者であるオートモビル・クラブ・ド・ルエスト [ACO] と、モータースポーツの統括機関である国際自動車連盟 [FIA] によるレギュレーション変更に従うもので、2025年以降、参戦するすべてのメーカーは、ハイパーカー・クラスには少なくとも2台のマシンを投入しなければならないとされている。この新しいルールは、今朝、今年のル・マン24時間レースに先立って行われた公式記者会見で発表された。

アストンマーティンとそのワークスパートナーであるHeart of Racingは、モータースポーツ環境の改善に寄与するために協力し合い、今回のレギュレーション変更を喜んで支持する。アストンマーティンは今後もValkyrie AMR-LMHプログラムにおいて、ACOとFIAと緊密に協力していく。

アストンマーティンの耐久モータースポーツ責任者のアダム・カーターは、次のように述べている。「アストンマーティンは、ブランドの草創期から耐久レースに挑戦してきました。実際、初めてル・マンに参戦したのは95年以上も前のことで、これは他の公道走行可能なハイパーカーのメーカーには類をみないことです。私たちはこの素晴らしいイベントとの関係を大変誇りに思っており、そのことを踏まえると、WECの掲げるハイパーカーのコンセプトに真剣に取り組み、誰もが知るアストンマーティンの「翼を備えたマシン」 を、ル・マン24時間レースを含む国際的なスポーツカーレースの最前線に復活させることは当然のことです。2025年には、ワークスチームのHeart of Racingと共に、アストンマーティンのハイパーカーValkyrie AMR-LMH 2台を投入し、世界最高レベルのスポーツカー・メーカーの豪華ラインアップと競い合う予定です。そして、その最前線での戦いに備え、全力で準備を整えています。Valkyrie AMR-LMHプログラムは順調に進んでおり、今夏後半のサーキットデビューに向けた大規模な開発が行われています。その後、秋に予定されているホモロゲーション取得に先立ち、集中的なテスト期間を設けて走行距離を重ね、可能な限りのことを理解する予定です」

Valkyrie AMR-LMHのシャシーは、レース用に最適化されたカーボンファイバー製であり、もともとValkyrieロードカー用に製造された驚異的なコスワース製自然吸気6.5リッターV12エンジンの改良版を搭載している。このエンジンは、標準仕様で最高回転数11,000rpmをたたき出し、1,000bhpを超えるパワーを発揮する。このパワーユニットは、ハイパーカー・クラスの重要なバランス・オブ・パフォーマンス要件を取り入れるためにさらに強化され、トップレベルの長距離レースの過酷な条件に耐えるように開発されている。サーキット専用車両であるValkyrie AMR Proと同様に、公道仕様のValkyrieに搭載されているバッテリー・電気ハイブリッドシステムはこのレースカーValkyrie AMR-LMHには搭載されない。

Valkyrie AMR-LMHの開発は順調に進行しており、最近ではアストンマーティンのシルバーストーンのテスト施設とポルトガルのポルティマオ・サーキットで、インテグラルシステムの走行試験が行われた。

また、Heart of Racingは最近、WECプログラムのために、英国チーム本部を設立した。その近くにて、シルバーストーンを拠点としValkyrie AMR-LMHの設計と開発を監督するアストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズの協力のもと、レーシングカーが製造されている。

アストンマーティンはHeart of Racing と共に、米国の耐久レース・シリーズであるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTPクラスへの、Valkyrie AMR-LMHでの参戦も計画している。このプログラムは、北米にあるHeart of Racingのフェニックス本部を拠点に行われる予定だ。

Heart of Racing のチーム代表を務めるイアン・ジェームズは次のように述べている。「WECが導入したルールの新しい方針により、WECハイパーカー・クラスに複数の車両を投入する計画を前倒しする必要に迫られました。この変更により明らかに準備プロセスが短縮されることにはなりましたが、2台のマシンが参戦することを大変嬉しく思います。このクラスはここ数年間で急成長を遂げ、レース内容は素晴らしく、ファンとの交流の格好の機会を提供しており、その一員となることを誇りに思います。これから計り知れない挑戦が待ち受けていると思いますが、その過程も楽しみにしています」

アストンマーティンがハイパーカー・クラスに参戦することで、英国のウルトラ・ラグジュアリー・スポーツカー・メーカーが、ジェントルマン・レーサーからスポーツカーレースの頂点に至るまで、耐久レースのあらゆる面で存在感を示すことになる。実際に2025年以降、アストンマーティンは、スポーツカーおよびGTレースのすべてのレベル(ハイパーカーからGT4まで)、およびFIAフォーミュラ1®世界選手権に参戦する唯一のメーカーとなる。

アストンマーティンはル・マンでは過去95年間にわたり、つまり第一回大会を開催してから実質その時代をずっと共にし、240人以上のドライバーが27のシャシーとエンジンの組み合わせでアストンマーティンを走らせてきた。アストンマーティンにこれほどの成功をもたらし、アストンマーティンのDNAが競争の本質から生み出されたものであることをこれほど揺るぎなく証明した舞台は他にない。

ブガッティ ボリード/ケータハム プロジェクトVの真実/日本のDAMD/プリウス:トップギア・ジャパン 061





トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/06/71011/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ