えっ、早すぎない?2024年のカーオブザイヤーはルノー セニックに決定

2024年のカーオブザイヤーはルノー セニックに決定。TGのポール ホレルも審査員を務めた。

ルノー セニックが2024年のカーオブザイヤーに選ばれた。この賞は、今年のジュネーブモーターショーの最初のイベントで発表され、手渡された。

セニックは7台の候補車の頂点に立ち、BMW 5シリーズ/i5が他を大きく引き離して僅差で次点となった。最終結果は以下の通り:

ルノー セーニック - 329点
BMW 5シリーズ/i5 - 308点
プジョー 3008/e-3008 - 197点
起亜 EV9 - 190点
ボルボ EX30 - 168点
BYD シール - 131点
トヨタC-HR - 127

しかし、2024年とは早すぎない?と誰もが思うだろう。この7台は、2023年11月までの1年間に欧州で販売される新車の中から選ばれたもの。今回は28台だった。

審査員は、広いヨーロッパの22カ国にまたがる58人のロードテスト/モータージャーナリストである。私、トップギアのポール ホレルもその一人だ。これは独立したプロセスになっている。どのメーカーも参加費を払わず、どの審査員も報酬を得ることはない。

最終選考では、審査員が全車に試乗し、25票を各車に配分する。しかし、どの車にも10票以上を与えることはできず、少なくとも5台には0票以上を与えなければならない。

セニックは22人の審査員の支持を受け、最も多くの1位を獲得した。BMWは19人の1位を獲得した。次いでEV9がわずか7点。いずれにせよ、明暗が分かれる結果となった。もうひとつ興味深いのは、中国車として初めて最終選考に残ったBYD シールがトヨタを破ったことだ。

いつものように、私たちは投票の簡単な理由も提出し、透明性を確保している。caroftheyear.orgのウェブサイトにアクセスし、投票グリッドで私たちの名前をクリックすれば、その理由を見ることができる。

毎年このニュースをトップギアに掲載すると、辛辣なコメントが寄せられることが多い。早めに弁明しておくと、私はTop Gearでロードテストをする時とは異なる視点からカーオブザイヤー候補を判断している。考慮すべき基準はより幅広い。

とにかく、クリックする手間を省くために、ここに今年の審査時に提出した私の考えをコピーしておく。毎年そうだが、今年も私は、そのクルマがそのクラスで最高のクルマでなければ、言い換えれば、前年までの既存のライバル車よりも優れていなければ、そのクルマに多くのポイントを与えるつもりはないという見解を持っている。だから、5シリーズとシーニックは私にとってはベストだった。そして他の審査員にとっても同様だったのだろう。

9点 BMW i5/5シリーズ
運転するにも乗るにも素晴らしいクルマだ。サスペンションとステアリングは秀逸で、特に4輪操舵のアダプティブバージョンは快適性とスポーティさの間に絶大な広がりを与える。幅広いパワートレインは、どれもこのクラスでは優れている。コントロールインターフェースは慣れればうまく機能する。デザインは派手だと思うが、これは世界最高のサルーンだ。

8点 ルノー セニック
5人乗りのスペースがあり、初代セニックのトリック(実際に全部使った人はほとんどいない)がないとはいえ、便利な多用途性がある。デザインは外見もよく、内装も整っている。運転しやすく、よく制御された質量のおかげで俊敏性もある。電気航続距離も素晴らしい。販売されている普通価格のファミリーカーの中で最も優れている。

3点 ボルボ EX30
特にLFPバッテリーを搭載したバージョンでは、サステイナビリティに関するストーリーが強い。リサイクル素材もキャビンの美しさを損なわない。シングルモーター仕様のステアリングとプログレッシブなパフォーマンスがいい。ツインモーターはやり過ぎ。しかし、スイッチを捨ててコストと材料を節約するのは間違いだ。運転するには快適なクルマだが、操作は難しすぎる。

2点 起亜 EV9
広大なスペースと優れた多用途性により、大家族にとっては羨ましいワゴンだ。ルックスも到着時に注目されるだろう。ドライバーの人間工学はよく考えられている。ロングホイールベースはスペース的には良いが、4輪操舵がないため、街中の交差点では非常に扱いにくい。サイズと質量が大きいので電気をたくさん使うが、少なくとも充電は速い。

2点 プジョー 3008/e-3008
インテリアデザインとインターフェースは素晴らしく、第一印象は長く楽しめる。電気と燃焼の選択はよく考えられている。しかし、重すぎるし、運転してもそう感じ、プジョーのいつもの快活さに欠ける。たしかに静かだし、オプションの大型バッテリーは話題を呼ぶだろうが、全体的には、真新しいプラットフォームにはもっといいものを期待していた。

1点 トヨタ C-HR
クーペのようなスタイリングは大きな魅力だが、中型の後席乗員を適度な妥協だけで乗せることができる。もちろん経済性も高い。プラグイン仕様の電気トルクは加速の洗練性を向上させるが、ノンプラグの方はまだ騒々しい。ステアリングは良いが、サスペンションは少しうるさい。候補の中で最も安い車だが、それを怖いほど感じさせてしまう。

0点 BYD シール
見た目もよく、スペックも高いので、市場参入に強い。先進的な電気システムとコバルトフリーのバッテリーも評価できるし、素早く運転しても十分に楽しい。しかし、段差を乗り越えたときの乗り心地の悪さや、画面やスイッチのロジックがかなりエキセントリックであることが、このクルマを台無しにしている。BYDの動きは速く、改良版ではその荒削りな部分が磨かれていることだろう。だが、まだだ。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「必須の辛辣なコメント」
「何とも憂鬱な受賞車だ。少なくとも、クロスオーバーではなく、mk 1のセニックのように革新的であってもよかったのに」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/67701/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ