Hyundai NPX1はアイオニック 5 Nより怒り顔 発売時期と将来の展開は?

東京オートサロンで発表されたHyundai NPX1。アイオニック 5 Nのより怒り顔で、カーボンが満載。今年中に発売される予定で、Hyundaiは将来的に他のN製品にもこのキットを利用する計画を立てている。

トップギアでは再三報じているようにHyundai アイオニック 5 Nですでにやり過ぎ感(もちろん、良い意味で)があったが、さらに2024年の東京オートサロンを利用して、このオールエレクトリックハッチ用の新しいパフォーマンスキットを発表し、NPX1と命名し、お披露目した。アイオニック 5 Nをベースにした初のコンセプトモデルである。しかし、なんとも威嚇的に見えないだろうか?

ダークティールのアクセントが入ったマットブラックコートで仕上げられたフロントバンパーは、メッシュグリルの露出を抑え、ベント開口部を少なくするなど、完全に作り直されている。しかし、巨大なフロントスプリッターを見ると、それは垂直に走るように延長され、フロントホイールアーチと融合している。まるで「トランスフォーマー」に出てくるオプティマス プライムの脚の一部を引きちぎって、マットブラックで再塗装したかのようである。

さらにその下には、NPX1のアグレッシブな外観は、標準のアイオニック 5 Nの合金の、より薄くスポークされた軽量ハイブリッドカーボンバージョンのセットの間に位置する新しいサイドスカートのデザインが続いている。

リアは最も大きく変更され、4つのセクションからなる巨大なリアスプリッターが、変更されたリアバンパーの前に取り付けられている。オリジナルのちっぽけなリアウイングは廃止され、長さ10メートルの剣ではなかろうかというほど、迫力のあるものが装着された。ああ、忘れているかもしれないが、これらの新しいNPX1パーツはすべて良いものでできている:「トランスフォーマー」のメガトロンの指のように。

その他の注目すべき変更点としては、さらに低く、誤った、ローダウンスプリング、高性能ブレーキパッドが含まれ、NPX1の内部はアルカンターラでフラッシュされている。レーシングバケットシートも装着されている。

新しい外観は確かに魅力的で、最近のHyundaiのパフォーマンスカー作りの好調ぶりを考えると、これらのパーツがすでに素晴らしいアイオニック 5 Nをどれだけ速くすることができるのか、私たちは真剣に楽しみにしている。期待しているのは、「Nドリフトオプティマイザー」モードの際に、最終的に溝に突っ込んだときにオートボットの救助サービスを呼び出すことができるようになったらいいな?など。まあ、ただのアイデアだけどね。

Nブランド マネージメント グループのパク ジュン副社長は、次のように語っている: 「チューニングパーツだけでなく、サウンドやOTAアップデートによる車両キャリブレーションなど、ソフトウェアのカスタマイズも開発しています。チューニングコミュニティにとってエキサイティングな未来の新しいカテゴリを開くものになります」

コストについてはまだ明かされていないが、アイオニック 5 Nの64,945ポンド(1,200万円)のスタート価格は、これらのアップグレードがいかに実質的に見えるかを考えると、かなり劇的に跳ね上がるはずだ。私たちの予想では、80,000ポンド(1,480万円)近くだろう。Hyundaiはまた、NPX1のパーツを今年中に顧客に提供し、将来的にはN製品全体に拡大することを視野に入れている、ということが確認されている。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「一般的に、私はEVのパフォーマンスカーの最大のファンではないけど、この車は凄いね」
↑「うん、あと、正直言ってばかげたリアウィングを付けてくれて嬉しい - もしやる価値があるなら、やりすぎる価値があるでしょ? かなり壮大に見えるし」
↑「本当にIoniq 5Nが好きなんだね?これはまるで新しいJDMのカスタムされたシビックのようなものに見える。新しいアップグレード、ボディキット、新しいリムのスタイル、トリック&モッズ、攻撃的なスポイラー、壮大なリアディフューザーとか」
「ステッカーやハーフォードの車の下にネオンライトがちょっと必要ですね、そしたら完璧になるだろう」
「一番重要なのは、リアワイパーが付いていること」
「Hyundaiはマットブラックを二重にしてるよね?」
「でも2トンは重いな」
↑「ブガッティ ヴェイロンも同じだよ」
「実際にはフューシャピンクに塗装されていたけれど、それがブラックホールよりも巨大なので、光が渦巻きから逃れることはない - そして、それゆえに、マットブラック」
「もし彼らが車のパワーを調整し、特定のチューニングされたEVのアイデアを作成するためのカスタマイズ可能なモジュールを作成したら、彼らは市場に大変革をもたらすことになるだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66461/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ