アストンマーティンから日本国内限定11台のDBX707 Midnight Podium Edition

アストンマーティンから、日本国内11台限定のDBX707 Midnight Podium Editionが発表された。ブラックを基調とし、DBX707 AMR23のエクステリアトリムディテールを採用。納車はいつから?

アストンマーティン ジャパンは、英国のウルトラ・ラグジュアリーブランドの110周年を記念してDBX707 Midnight Podium Editionを発表する。アストンマーティンが歩んできた110年を象徴するDBX707 ミッドナイト ポディウム エディションは、日本国内11台のみの限定生産となる。

アストンマーティンのラグジュアリーなビスポーク・サービスであるQ by Aston Martinのキュレーションによるユニークなカラーとトリムパレットは、DBX707の路上でのプレゼンスをさらに高め、その強烈なパフォーマンスを際立たせる。専用のサテンオベロンブラック塗装を施した彫刻的なカーボンボディキットは、AMR23 F1®カーやF1®のオフィシャルメディカルカーを彷彿とさせるライムのアクセントでさらに引き立てられている。DBX707 Midnight Podium Editionには、Q by Aston Martinのフェンダーバッジが装着され、アストンマーティン・レーシング・ライムグリーンのブレーキキャリパーが23インチ・サテンブラックホイールに装着されている。

DBX707 Midnight Podium Editionのインテリアは、オニキスブラック/アイフェルグリーンレザーが、ダークサテンカーボンファイバージュエリーとカーボンファイバーベニアを備えたインスパイア・スポーツ・デュオトーンインテリアを飾り、エクステリアデザインと呼応するライムグリーンのステッチがコントラストを引き立てる。また、この限定モデルには「Q by Aston Martin」のシル・プレートが取り付けられ、この記念すべきエディションのエクスクルーシブさが強調されている。

また、House of Aston Martin Aoyamaでは、DBX707 Midnight Podium Editionデビューイベントを予定しておる。午前0時より、ミッドナイトにちなんだブラックのドレスコードで、有名DJによるエンターテイメントが楽しめる。

アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ・ワン®チームは、ラスベガスとアブダビの両グランプリでドライバーのランス・ストロールとフェルナンド・アロンソがポイントを獲得し、最高のシーズンを終えた。F1サーキットで見られるアストンマーティンからインスピレーションを得たDBX707 Midnight Podium Editionは、紛れもなくオンロードで存在感を示し、ドライバーにフォーカスしたドライビング性能の信頼性を強固なものとする。

アストンマーティンの歴史的な110周年は、2023年を通して祝ってきた。7月には、110台限定の6速V12マニュアル・スポーツカーのヴァラー(Valour)を発表、そしてシルバーストーンで開催されたイギリスGPでは、110台の歴代アストンマーティンのパレードが行われた。これらの祝典は、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスや、アストンマーティンの主要地域で開催されたその他の主要イベントでも続けられた。先月浅草寺および富士スピードウエイで行われたアストンマーティンのAPACオーナーが集う2年に1度のイベント「ASTON MARTIN ARCADIA」では、3日間にわたりアストンマーティンの過去、現在、未来を祝福し、ブランドの110周年記念の年を締めくくる特別なイベントになった。

DBX707は、強烈なパフォーマンス、クラスをリードするダイナミクス、紛れもないスタイル、そして紛れもないウルトララグジュアリーを完璧に融合させた、スポーツカーのようなフィーリングを持つSUVだ。ドライバーに完璧なコントロールと精度を提供するために設計されたこのモデルは、パワフルなエンジンに加え、最高グレードのトランスミッション、サスペンション、ブレーキ、電子システム、エアロダイナミクスが特徴で、パフォーマンスとドライビングプレジャーを再定義する。

アストンマーティンAPACリージョナルプレジデントのグレゴリー・アダムスは、次のように述べている。「アストンマーティン創立110周年を記念して、DBX707 Midnight Podium Editionを日本で発売できることを大変嬉しく思います。DBX707 Midnight Podium Editionは、日本のネオン輝く高速道路からインスピレーションを得たもので、DBX707を新たなレベルに引き上げ、その卓越したパフォーマンスとセグメントにおけるSUVの最高峰としての地位を大胆に表現しています。オーナーの皆様には、真夜中のハイウェイを彩るダイナミックなパフォーマンスを体験していただけることを楽しみにしています」

DBX707 Midnight Podium Editionは、追加のオプション装備を含めて、現在注文を受け付中。 2024年第1四半期より、納車が予定されている。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65840/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ