アストンマーティンが17億円の資金調達に成功、電動化プログラムを順調に進める

英国先端推進システム技術センター(APC)、アストンマーティンの自社開発ビスポーク・ラグジュアリー電気自動車プラットフォームの研究開発を推進するための資金、17億円を提供した。

アストンマーティンの高性能電動化戦略は、英国先端推進システム技術センター(APC)を通じて政府から900万ポンド(17億円)の資金調達を受け、革新的なモジュール式電気自動車(BEV)プラットフォームの研究開発を推進する。

競争的なプロセスを経て決定した今回の助成金は、アストンマーティンのラグジュアリーBEVプラットフォームの開発を支援するとともに、車両軽量化、デジタル・ツールチェーン、電動化トレーニングへの投資を含め、ネットゼロへの道筋も構築するものだ。

この資金調達の発表は、アストンマーティンの広範なサスティナビリティ戦略である、Racing. Green.の柱となる電動化プログラムにおける新たな一歩となる。アストンマーティンは、今後5年間で最先端テクノロジーに20億ポンド(3,700億円)を投じ、内燃エンジン(ICE)からBEVテクノロジーへと段階的に移行する。

プロジェクト・エレベーション(Project ELEVATION)は、アストンマーティンが主導する6社・機関共同の研究開発プロジェクトであり、マニュファクチャリング・テクノロジー・センター、エキスパート・ツーリング&オートメーション、クリエイティブ・コンポジット、ファジー・ロジック・スタジオ、ウォーリック大学WMGがサポートしている。プロジェクトでは、スーパースポーツからSUVまで、対応するモジュール式BEVプラットフォームに組み込む軽量800Vトラクション・バッテリー・パックとツイン・フロント電気駆動ユニット(EDU)の開発に伴う技術的課題に取り組む。

アストンマーティン・グループ最高技術責任者(CTO)のロベルト・フェデリは、次のように述べた。
「アストンマーティンの電動化戦略とイノベーションを目指す私たちの絶え間ない取り組みは、APCからの資金提供を受けてさらに大きく前進します。ビスポークのBEVプラットフォームの可能性を追求するためのリソースを投入することで、ウルトラ・ラグジュアリー高性能セグメントにおいて、自社開発BEVテクノロジーのリーダーになるという目標の達成に近づくことになります。提携パートナーと共にプロジェクトに取組むことを楽しみにしています。そしてAPCのすばらしいサポートに感謝します」

APC最高責任者のイアン・コンスタンス氏は、次のように述べている。
「第23回の共同研究コンペティションは、APC設立10周年と重なっています。APCの設立以降、自動車プロジェクトに14億ポンドを超える投資が行われており、私たちが英国に及ぼしてきた影響を誇らしく思います。今回の発表には、英国の自動車の強みを体現するさまざまなOEMとサプライヤーが関係しています。彼らは、私たちの革新的なプロジェクトのポートフォリオをさらに補強し、英国におけるネットゼロの目標を達成するための原動力となってくれることでしょう」

アストンマーティンは、2025年の発売を目指して、ICEに代わる初の全電気自動車の開発を進めている。2024年には、初のプラグイン・ハイブリッドとなるミッドエンジン搭載スーパーカー、ヴァルハラ(Valhalla)を発売する予定だ。2026年までに、アストンマーティンのモデルラインすべてに電動パワートレインのオプションが用意される。長期的な目標として、2030年までに中核レンジの完全電動化を目指す。

アストンマーティン ヴァルキリーが2025年にル マンに参戦 フェラーリ、トヨタなどとハイパーカーの栄光をかけて戦う

フェルナンド アロンソが1,000馬力のアストンマーティン ヴァルハラ開発に協力

新型アストンマーティン ヴァルハラのインテリアがお披露目 ヴァルキリーとの違いは?




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/10/64380/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トレンド

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

アーカイブ