時計じゃなくてクルマの方に新型ベイビーG誕生 メルセデス・ベンツの電動小型Gクラスは本格派

メルセデス、電気自動車Gクラスのベイビーを作る。メルセデスによれば、オンロードでもオフロードでも楽しめるという。

新型コンセプト、CLAクラスのお披露目セレモニーの最後に、メルセデスのオラ ケレニウス最高責任者は、Gクラスの輪郭に似たブロック状の一本線のグラフィックを見せてくれた。

彼は言った:「そうです、小さなGクラスが登場します。だから安心してください:リトルGクラスは電気自動車です。それは有能ですし、一目でそれとわかるものになります」

「そして、オンロードでもオフロードでも、運転するのがとても楽しくなるでしょう」

しかし、もしベイビーGクラスが彼の言うように高性能になるのであれば、メルセデスの次世代小型車を支えるMMA軽量車プラットフォームと同じものを使うわけにはいかない。新しい電動バンのプラットフォームが控えており、そちらの方が出発点としてはいいかもしれない。

メルセデスはすでに、キングサイズGクラスのフル電動バージョンを2024年に計画していると発表している(写真上)。4基のモーターを個別に制御でき、特に低速で車体を非常に狭いスペース内で自由に回転させることができる。きっと、パーティーで盛り上がること請け合いだ。




=海外の反応=
「メルセデスから給料をもらっているのか?これは新しい電動GLBであり、それ以上のものではない。だから、ベビーGクラスのデタラメをほじくり返すのはやめたら?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/09/63480/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ