新型アストンマーティン DBが到来:ジェームズ ボンドカテゴリーのカレンダーに印をつけよう


長くおつとめを果たしたDB11の後継車

これは、最近ものがぼやけてみえる人の目を通して見た、アストンマーティン DB11の後継車である。「DB12」というバッジが付けられたと思われる車の、かなり怪しげな3枚のティーザー画像は、今月末の完全な発表に先立ち、現在トップギアが手に入れることのできるすべてだ。

その日まで、脳内の新車予測機能をフルで回し続けよう。アストンマーティンは、この新型車が「クラスをリードするパフォーマンス、ドライビングダイナミクス、そして超高級車の新時代」を切り開くと語っている。また、DB12は、もし本当にその名前が付けられるのであれば、「驚異的なパフォーマンスとピンポイントのドライビングダイナミクス」を提供するとも言っている。

さらに、より優れた技術、クラフトマンシップ、そして「壮麗な」スタイルについても言及されている。上の2枚のエクステリア画像をざっと見たところ、アストンマーティンは失敗を犯したようには見えないが、くっきりと目が見えるようにはなっていない。とはいえ、インテリアは輝かしいボタンで埋め尽くされているように見える。

アストンがDB12のラインナップからそのV12を外すかどうかは、まだわからない。この10年間、12気筒のパワープラントはあまり受け入れられなかったから、DB11と一緒に出発するのであれば、AMGが供給する4.0リッターのツインターボV8が大幅にアップグレードされることを期待する。なぜなら、その「天才的なパフォーマンス」を遂行するために。

全体的に大幅にアップグレードされることを期待している。「この待望のスポーツカーは、GTセクターの規範から脱却します」とアストンは言っている。「アストンマーティンの象徴であるDB血統の75年にわたる卓越したハンドビルドの英国スポーツカーを祝う新しいカテゴリーを創造します」

ジェームズ ボンドカテゴリーのカレンダーに、今すぐ印をつけよう: DB12は5月24日に公開される予定だ。







=海外の反応=
「ヴァンキッシュの面影があるね。伝統的なグリルが採用されているのも嬉しい」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59608/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ