モノトーンにゴールドで上質感が味わえるルノー アルカナ E-TECH エンジニアード


電動化を表すゴールド

SUVとクーペが融合したルノー アルカナに新グレード ルノー アルカナ E-TECH エンジニアードが加わり、5月11日から発売する。価格は、4,690,000円。これで、アルカナはR.S. LINE MILD HYBRID (3,990,000円)と2グレードになった。

エンジニアードでは、ボディカラーが新色のグリ メタルM、 ノワール メタル M 、ブラン ペルレMと、モノトーンで構成されている。そこに、ブリリアントブラックの前後エンブレム・フロントグリルガーニッシュ・スキッドプレート・リアスポイラ ーと、ウォームチタニウムカラーの F1®ブレード・ツインエキゾーストフィニッシャーが先進的でエレガントな印象を与えている。インテリアにもウォームチタニウムカラーのラインやステッチが使われている。

搭載されるパワートレインは、これまでと同様の、ルノーが独自に開発した E-TECH フルハイブリッドだ。メインモーター(駆動用)と HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の 2 つのモーターと、1.6L 自然吸気エンジンを、電子制御ドッグクラッチマルチモード AT で繋いだこの独創的なハイブリッドシステム は、ダイレクトかつスムーズなドライブフィールと低燃費が大きな特徴。ルノー アルカナ E-TECH エンジニアードには、多くの先進運転支援装備が搭載されるほか、BOSE®サウン ドシステム/9 スピーカーが装備されている。低音域を再生する 4 つのウーファー、高音域を再生する 4 つの トゥイーター、そしてサブウーファーのフレッシュエアスピーカーで構成されるサウンドシステムだ。

ルノー・ジャポン広報担当の佐藤 渉氏にお話を伺った。
「アルカナ E-TECHにエンジニアードのグレードが追加されました。こちらは既存のR.S. LINEよりもゴージャスな位置づけとなります。エンジニアードは、先進性やテクノロジーを表現していて、モノトーンにゴールドのポイントカラーが印象的です。このゴールドの元は、ルノーの電動化ラインにあしらわれており、将来も含めて電動化を象徴する色使いだともいえます。今回も、パワートレインはE-TECHフルハイブリッドですので、ゴールドが使われています。日本でのお客様がアルカナを購入する理由として、デザインを重視しています。ドイツブランドや国産車など、他メーカーからアルカナを選ぶ方も多いです。エンジニアードというグレードが、デザインコンシャスな方に刺さっていただけることを期待しています」

モノトーンにゴールドをあしらったアルカナ E-TECH エンジニアードは、これからルノーが向かう本格的な電動化への橋渡し役として、上質感を求める人が手に入れたくなる一台だと感じた。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58878/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ