ルノー RSシリーズのフィナーレを飾るのは1,976台限定のメガーヌ RS ウルティム なんと日本で発表



これがホントに最後のルノー メガーヌ RSだ。ルノー メガーヌ RS ウルティム(Ultime)と呼ばれ、歴史上最も偉大なホットハッチ王朝の1つの終わりを告げるものでもある。そして、このクルマは本当に黄色いのだ。

「シリウス・イエロー」と呼ばれるこの色は、「ルノー・スポールの象徴的なカラーを蘇らせる」ものだが、ブラック、ホワイト、そしてオレンジも用意されている。そのRS専用の塗装と特別なストライプの下にあるものは、よく知られてるヤツだ。

RS はRSトロフィーをベースにしており、フロントに300bhpのアルピーヌA110由来4気筒ターボガソリンエンジン、420Nmのトルク、「EDC」オートギアボックス、トルセンデフを搭載している。

ローダウンされた「カップ」シャシー、油圧式バンプストップ、4輪ステアリングセットアップ、ハードコアなトロフィーRのために開発されたセミスリック・ブリヂストンを装備。ルノーは、ウルティムに19インチの「フジ」軽合金ホイールを装着し、ブレンボ製デュアルキャストブレーキにレッドキャリパーを装着している。

このRSは今でも速いクルマだ。ルノーは0-100km/hを5.7秒と発表しているが、これはこのクルマが大きくなったから。ルノーによると、フロントが60mm、リアアーチが45mm拡大され、サイドエアベント、「RSビジョン」ヘッドライト、センターエグゾースト、「シャークフィン」アンテナ、リアディフューザーが装備されている。

室内にはお決まりのレカロ製バケット、アルカンターラ製シート、そして重要なRSエンブレムが装着され、確実に馬力がアップする(と言われている)。9.3インチのナビスクリーン、Boseのオーディオ、10インチのデジタルクラスター、オンボードテレメトリー、アダプティブクルーズ、「360度操縦補助装置」など、快適な装備も充実している。

「メガーヌRSは、ルノー・スポールでの私の15年間の仕事を象徴しています」と、ルノーグループの開発ドライバーであるロラン ウルゴンは説明した。彼はメガーヌRSのコースレコードを作ることにそのキャリアを費やした人物である。。「メガーヌIIのフェーズ2以来、前輪駆動スポーツカーのリーダーであり続けるために、我々は常にそのダイナミックなパフォーマンスを向上させてきています」

「ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでの記録は、情熱、アドレナリン、感動に満ちた忘れられない挑戦です。そして今、メガーヌRS ウルティマが登場しました。この素晴らしいサーガの頂点に立つバージョンにサインできることを特に誇りに思っています」

ルノー・スポールが設立された年にちなんで、1,976台のウルティマが製造される。そして、1月13日から始まる東京オートサロンで初公開されるのだ。ウルゴン氏は、日本での発表をこう表現した。「ルノー・スポールのスポーツモデルのファンが1万人いると言われるその国で」

つまり、アルピーヌが「この物語の次の章を書く」まで、これが最後のメガーヌ RSというわけ。これが黄色である限りはね…。




=海外の反応=
「このエンジンは最初にメガーヌから取り出され、アルピーヌに搭載された。あなたが望むなら、それは完全に納得がいくだろうが、A110から派生したものではない。
この伝説的なホットハッチの最後のバージョンでは、控えめに言っても新しい Trophy-R が期待されていただろう。これ以上のパワー、空力、その他のものはない。 デカールが数枚入ったオプションパッケージだ。
少なくとも、黒地にシリウスイエローは、以前のトロフィー&R 26 Rの赤地に白の996 GT3 RSよりもルノーらしいと思う。ルノーは、誰にも気づかれずに伝説のカラー コンボを盗むことができると本当に思っていたのだろうか?」
↑「新しいトロフィーRの問題は、アルピーヌのつま先を踏むことだと思う。小型の究極のフレンチ エンジンとルノー エンジンが必要な場合は、A110 R が最適だ。「デカールが数枚付いた単なるオプションパッケージ」であるかどうかを気にしない人にはこれを用意し、速いクルマについてより目の肥えた愛好家にはアルピーヌを用意するのは、おそらく完全なマーケティングに意味がある」
↑「わかるけど、それでも、メガーヌとA110はお互いの皿を交換しては食べないほどに十分に異なる動物だと思う。メガーヌは、この究極のトロフィーR の冒涜よりも良い別れに値する」
「シビック タイプ R やゴルフ GTI クラブスポーツよりもこれを選ぶ人はいる?このままではメガーヌRS消えてしまいそうだ」
↑「SUVの祭壇で犠牲になった、もう一つのホットハッチ」
↑「実際、EUの排出税はこれを殺した。新型メガーヌを作ったら税込みで6~7000€(85-100万円)高くなった」
↑「あなたは最も重要な部分を忘れている。日本ではこれ、マニュアルを導入している。 ヨーロッパはそうではない。 素敵なルノー。 さようなら」
↑「ルノーが予見可能な将来のために作る興味深いクルマのラストランとしても知られている」
↑「少なくとも私には、今後の R5 と R4 は興味深いものに見える。確かに、低価格の EV など、運転するのは面白くないかもしれないが、アルピーヌの R5 への取り組みは、それでも楽しいものになるかもしれない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56590/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ