150台目のBAC Mono、342hpのMono RはSFインスパイア系



2009年にニールとイアン ブリッグス兄弟によって設立されたブリッグス オートモーティブ カンパニー(Briggs Automotive Company)は、今週、この555kgのシングルシートの傑作によって、特別なマイルストーンに到達した。これは、BAC Monoの150台目の製造となる。

Mono #150は、Mono Rの29台目でもあり、もちろん、よりハードで速く、シャープでパワフルなバージョンであり、そのどれもに欠ける部分がない。そのため、希少価値が高いだけでなく、操縦性も非常に優れている。

「Mono #150がRであることは、まさに我々のエンジニアリングの頂点を示すものです」とニール。「リバプールのファクトリーから、このような素晴らしいスペックのマシンが出てくるのを見るのは、BACのスタッフ全員にとって特別な瞬間でした」

おそらく、このような歩行者速度でロールアウトするのを見るのも、これが最後だろう。Mono Rは、2.5リッター342bhpの4気筒エンジンに、フォーミュラ3由来のシーケンシャル6速ギアボックスを組み合わせている。重量はわずか555kgで、アングルジーを1m6.9秒で周回するほどの長さで世界を曲げることが可能だ。どういうこと?これはマクラーレン P1 GTRより2秒速いタイムである。

新しいオーナーである、香港の金融家ジュリアン ベガス ド デヘムは、あるツールを手にした。Mono RのカラーリングはSFをイメージした特別なもので、「リキッドシルバー」のメタリックペイントが施され、ボディ下部は露出したカーボンファイバーで装飾されている。

メインビームライトの内側とリアウイングには「R29」のモチーフが入り(結局は29番目のRってこと)、エアボックスのサイドにはイエローのアウトラインが施された。ブロンズとイエローのロゴが入ったカーボンハイブリッドホイール、カーボンステアリング、コントラストシルバーステッチなど、細部にまでこだわった仕様となっている。

「私たちのDNAは、工場から出荷されるクルマに同じものは2つとしてないということです」とニール氏は言う。確かに、今年の初めに私たち試乗したけれど、それは特異な体験だった…。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎
=海外の反応=
「うーんセクシーなこと」
「過去 10 年間に、BACの数が非常に少ないことに気づかなかった」
↑「公平を期すために、今年の初めの TG レビューでは、BACが「約 200 台を販売した」ことが示唆されていたよ」
↑「 記事やテストで頻繁に取り上げられることから、少なくとも1,000台以上は行っていると思ってた。150台 は 12/年弱かかってる。 平均価格が約 155,000ポンド(2,500万円) 。年間わずか 180 万ポンド(3億円)の売上高から、すべての材料、間接費、労働力を差し引くと、余裕があるようには聞こえない…。16年後、彼らは1,500個のアリエル アトムを作った。まあ、どっちか欲しいけどね」
↑「英国の小さなスポーツカーメーカーが定期的に倒産するのには理由がある。 それを続けてくれたこれらの人たちに敬意を表する」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56144/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ