ホンダ シビック タイプ Rツーリングが2023年にレースデビュー



JASモータースポーツは、ホンダのツーリングカー、シビック タイプ Rで近年成功を収めている。先代のFK8はFIA世界ツーリングカー選手権で優勝し、FK8を駆るパートナーチームは世界各地でTCRレースにおいて、397勝を挙げている。

そして今、新たな1台が誕生した。あるいは、もうすぐそうなると言った方がいいか。上の写真のタイプR FL5 TCRは現在テスト中で、2023年のどこかの時点でレースデビューを果たす予定だ。

イタリアでJASが開発したもので、先代に比べてダウンフォースが増し、「コーナリングの安定性が向上」し、ドライバーの安全性が高まったと言われている。また、ロードゴーイングカーであるタイプ Rの2.0リッターターボ4ポットをレース用に改良したものが使用される。

コックピットも一新され、情報満載のダイヤルディスプレイやドライバーの冷却性能もこれまで以上に向上している。些細なことのように聞こえるかもしれないが、これらはむしろ重要なことなのだ。今のところ、わかっているのはこれだけだが、上のカモフラージュ画像を見ると、あの切り立ったリアアーチと、フロントの軽量であることを示すホンダバッジがある。とてもカッコいい。

さて、どうだろう?このレーシングFL5は、かつてのFK8と同じように成功するのだろうか?




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/55977/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ