ボロネーゼ製法とピウマ・ラピッド製法によるアメデオ テストーニのクラフトマンシップ

アメデオ テストーニで、大切にしているのが、クラフトマンシップ。2022年秋冬コレクションでも、もちろんこの製法が使用されている。今回は、ボロネーゼ製法とピウマ・ラピッド製法にフォーカスを当てて、新製品も紹介していこう。

まずボロネーゼ製法から。アメデオ テストーニの代名詞である、ボロネーゼ製法は、アッパーに⼿縫いされた⾮常に柔らかいレザー製の特別なライニングから成り、⼿袋のように⾜にフィットし、靴の前部で顕著な弾⼒性を可能にしている。⼀⽅、後⽅では特別なインソールのライニングにより、より硬いコンフォメーションが適切なヒールサポートを提供。以上によりボロネーゼ製法のシューズは他に類を⾒ない柔軟性と快適性を実現している。

そして、このボロネーゼ製法を使っているのが、COURMAYEUR(クーマイヤー)シリーズだ。⾮常に柔らかい⾰のライニングを⼿作業でアッパーに縫い付け、グローブのように⾜にフィットさせることができる。この伝統的で繊細な製法は、⽐類のない快適さと柔軟性を保証する。また、このシリーズは、インソールにピウマ(イタリア語で⽻根の意味)のアイコンが付いており、優れた軽量性を象徴している。


COURMAYEUR LEATHER DERBIES(132,000 円)。チロリアンスタイルダービーは、カジュアルな雰囲気があり、伝統的な職⼈技を感じさせるディテールである。シルクのような質感のレザーは、職⼈によるハンドフィニッシュで仕上げられています。厚みがありながら軽量な XL ラグソールを使⽤している。


COURMAYEUR LEATHER MONK STRAP(143,000 円)。エレガントなシングルモンクストラップシューズで、チロリアンスタイルを採⽤する事で、よりカジュアルなタッチになっている。シルクのような質感のレザーを使⽤し、アッパーとソールの間には職⼈技のステッチが施されている。天然素材を使⽤することで、無類の柔軟性と軽さを実現している。


続いて、アメデオ テストーニが特許を有するピウマ・ラピッド製法 。アメデオ テストーニの卓越したクラフトマンシップを象徴するのが、特許を取得した⾰新的なピウマ・ ラピッドだ。200 以上の⼯程にわたる独⾃の縫製技術が、縫い⽬や針⽳のない完璧に滑らかなインソールを⽣み出す秘密なのだ。その結果、熱や寒さ、湿気から完全に遮断された、⽻根のように軽いシューズが誕⽣した。この製法は、⽐類ない柔軟性と快適性をもたらす。


そして、このピウマ・ラピッド製法を用いているのがSANT'EULALIA LEATHER MONK STRAP 209,000 円。⾜にぴったりとフィットする靴に命を与え、靴に無限の弾⼒性と軽さを与えるアメデオ テストーニの特許⼯法ピウマ・ラピッド製法で、200 以上の⼿作業を経て組み⽴てられる。アッパーには職⼈がハンドステッチを施しており、洗練されたハンドポリッシュカーフを使⽤することで、素晴らしい柔軟性と軽さを実現し、シルエットに⽐類ないファッションディテールを加えて、紛れもないアイコンモデルに変⾝させた。
https://www.testoni.com/

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/11/55517/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ